【不思議な話】飴玉とチロルチョコ

464: 本当にあった怖い名無し 2011/08/18(木) 02:24:24.94 ID:Ku71q6GBO

怖い話かは解らないけど、俺の実体験。

20151211a

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

 

何年か前の盆、俺は一人で墓参りに行ったんだ。
家族が墓参り行くときに風邪引いてたから、一人で花と線香、
水をチャリのカゴに乗せてね。
ポケットにはおばあちゃんが大好きだった飴玉と、
チロルチョコを幾つか。
墓地に到着した俺は、おばあちゃんの墓に水をかけて、
花を変えて、花を入れてるとこに水を入れて、と
いつも通りのことをやった後、線香に火を付けて立てかけて、
拝んだ。
その後、飴玉とチロルチョコにシールを貼ったやつを供えて、
帰った。
シールを貼ったのは、もしもおばあちゃんがこれを見たときに
「俺が供えたんだ」と解るようにというしょっぱい思いやりからで、
ゲーセンでよくあるプリクラの、俺の顔の写ったシールを貼っていた。

その帰り道、俺は信号無視の車と衝突事故を起こした。
救急車を呼べ、警察を呼べの大騒ぎになったが、不思議と
俺はほとんど無傷で、かすり傷が何カ所かあるぐらいだった。
到着した警察も不可思議に思ったらしく、色々事情を聞かれたが、
俺にも詳しいことは解らず、ただ信号無視した車の運転手の
事情聴取とかを待たされた。

その待ってる最中、俺が事故に遭ってから倒しっぱなしの
自転車のカゴに何かが入っていたのに気付いて、
俺はそれを確認しにいった。
墓地を出るときは何も持たず、カゴの中身も何もない
状態だったから、無性に気になったのも相俟ってだった。
自転車のカゴには、中身のなくなった飴玉とチロルチョコの
外装があった。
その外装には、おばあちゃんの墓に供えたやつと同じ、
俺のシールが貼ってあったんだ。
その後病院に検査に行かされ、病院を出てから真っ先に
ばあちゃんの墓を見に行ったら、俺が供えていた飴玉と
チロルチョコはなくなっていた。

この事があってから、俺は毎月おばあちゃんの墓参りを
欠かさなくなった。
勿論、飴玉とチロルチョコも忘れない。
おばあちゃんが助けてくれたのか、全くの偶然かは解らない、
ちょっと変わった話でした。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    感動するやん

  2. 怖い話の名無しさん より:

    素敵なお話だね

  3. 怖い話の名無しさん より:

    良い話だ

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。