怖い話

【怖い話】向かいのビル

1/3
ついさっきの体験談。あんまり怖くないかも。
寝る前に一服しようと思ってベランダに出た瞬間、光の刺激で向かいのビルに視線がいった。

 

43: 本当にあった怖い名無し  ID:

1/3
ついさっきの体験談。あんまり怖くないかも。
寝る前に一服しようと思ってベランダに出た瞬間、光の刺激で向かいのビルに視線がいった。
うちの向かいは何かの会社の社屋ビルで、5階建てで、1つの階に20くらいの窓がある。1階が駐車場で、うちからは横長の長方形に見える建物。
そのビルの3階中央の窓10個分くらいが暗い状態からパッと一気に明るくなったんだ。
「なんか変だな」と思った。
他の窓は全部暗いのに、会社の蛍光灯がこの時間につくって何だ?と。
普段からあまり残業なさそうな、私が帰宅する時間には窓が皆暗くなってるビルだし。
ちょっと不思議に思いながらタバコに火をつけたら、つけ終わる頃にはそのビルの蛍光灯は消えた。
次の瞬間、5階の中央の窓が1つだけふっと青白く光って、すぐにまた消えた。

 

44: 本当にあった怖い名無し  ID:

2/3
もしかしたら警備員の見回りの時間なのかも知れない、と思った。
5階の光が懐中電灯みたいな弱い光だったから。
数秒で再び3階の中央の窓が複数分、蛍光灯の灯りでパッと明るくなって、またすぐに消えた。
続いて5階のほの暗い青白い光が光っては消え、光っては消えを繰り返す。
一体何だろうと思っていると、今度は一階の駐車場と玄関をつなぐ通用口が明るくなって、会社を出る黒い人影が一つ見えた。
ああ、最後に退社した人が忘れものか何かで蛍光灯をつけたり消したりしたのかも、とちょっとホッとした。
部屋に戻ってこの駄文を書くうちに小一時間経ってしまって、もう一服して寝ようと思い直した。

 

45: 本当にあった怖い名無し  ID:

3/3
再びベランダに出て、煙を吐きながらビルを眺めると、5階の明滅はまだ続いていた。一瞬光っては5秒間暗くなり、また光っては5秒暗く…と規則的に明滅している。窓の中は光が反射する天井部分がぼんやり見えては暗闇に変わる。
気になって眺め続けていたら、一度だけぼんやりした光の中に人影のようなものが見えた。5秒後、再び光った時にはもう見えなかった。
部屋に戻って歯みがきしてたら、洗面所の鏡に映る自分の左肩あたりに白い煙が漂って見えた。
何か変なもの拾っただろうか。左肩は守護霊だったっけ?

 

-怖い話
-, ,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2021 All Rights Reserved.