奇妙な話

【奇妙な話】祖母は何を知っている

207: 本当にあった怖い名無し 2015/10/06(火) 02:32:52.77 ID:jTP0jYFM0.net

田舎在住の者です。

2016-02-15_120045

私はサッカーの少年団?(スポ少?)にはいっていたのですが、小学5年くらいの時に、親が迎えに来れなかったため、その日は友達の親の車で途中まで送って貰いました。
友達の家から自分の家までは1.3kmほどで、危ない所も無いため普通に1人で歩いて帰ったのですが、何故か人とすれ違いませんでした。(ちなみに、いつもは3.4人は必ずすれ違います)

 

すこし不安でしたが、残り300mくらいの距離まで来て安心したところで、橋を渡りました。

 

 

その橋は高さが6mほどで、車がギリギリすれ違うことが出来る程の幅なのですが、渡る途中で、ビンに花(何の花か覚えてない)が入った状態で端に置いてありました。
その時点で私は怖くて、エナメルバッグも妙に重く感じて半泣き。

 

 

 

そこから家まで走って帰り、祖母の顔を見て安心し、汗臭かったので風呂に入り、休みました。そして明日の練習のために練習着をエナメルバッグからだすと、何故か練習着はビショビショに濡れて泥だらけ。サッカースパイクは左足の紐が何箇所か切れていました。

 

 

 

怖くて怖くて、祖母にこのことを話したところ、祖母は、
「大丈夫。大丈夫だよ。」
と言って練習着を洗ってくれました。その1週間後、祖母がお守りをくれました。祖母は
「もしまた出会ったらこれを握りしめて走って逃げてきなさい。振り返っちゃだめだよ。」
と言っていました。

 

 

 

それからは、特に不気味なことも無かったのですが、先日祖母がなくなりました。階段から転落したらしいのですが、左足と頭を何故か集中的に打っていたようです。そして、祖母がくれたお守りは結ぶ所が切れて、中身は黒ずんでいました。

 

 

オチがなくてすみません。
ちなみに近々転勤で地元に戻ります。

 

-奇妙な話
-, ,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2022 All Rights Reserved.