怖い話

【不気味な話】山道で・・・

155: 本当にあった怖い名無し 2010/06/25(金) 01:55:08 ID:T0wqxZbdO

母と山の中にある某一族の墓を見学したときの事

20150422b


夏の盛りでその日は朝から気温が高かった
道は砂利が敷かれた階段等でそれなりに整備はされているが
歴史好きじゃないとわざわざ朝早くから足を運ばないだろ
的な場所だったから見学自体はスムーズに終ったんだ
次はどこに行こうかと和やかな会話を交わしながら下りてた
時初めて自分達以外の観光客に出会った
父母おじいさん、それとまだ小学生に上がるか上がらないか
くらいの元気一杯の息子さん
とりあえず「こんにちは」と声をかけて相手もにこにこと
会釈して…別れたんだ
それからしばらく無言で下っていた時、ふいに母が
こっちを見たんだ

 

 

156: 本当にあった怖い名無し 2010/06/25(金) 02:03:51 ID:T0wqxZbdO

俺も母を見て、腕をまくって見せた
その後はとにかく振り返らずに走って山を下りた
階段を下り切って町に出た時ようやくほっとしたよ
あんな真夏の暑い中、俺は背筋が凍るような寒さを感じ、
腕は鳥肌びっしりだった
恐る恐る母が口を開いた
「あの家族…変だったよね?」
俺は頷いた
おかしかったんだよ、考えてみたら一本道の山道、
それなのにかなり近くになるまで
存在を認識できなかったし、あんなに元気に飛び跳ねていた
息子さんの声も聞いていない
階段はそこそこ幅が広く、間には砂利がしかれているのに…
まったく音が聞こえなかったんだ

あんまり怖くないかもだが振り返ったらだめだっていう感覚って
本当にあるんだなと

 

-怖い話
-,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2022 All Rights Reserved.