人間の怖さ

【いろんな意味で怖い話】フェイスブックで自殺の実況中継した女性

860: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25 21:25:12 ID:KLm2EjPx0

20140120b
 

台湾で3月中旬、31歳の女性が恋愛を苦に自殺を試み、
インターネット交流サイト「フエイスブック」でその過程を約1時間にわたって
「実況中継」したところ、
様子を“見て”いた9人のうち誰も警察や救急に通報せず、女性が死に至る事件が起きた。

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297


台北市近郊の新北市に住むサービス業の女性(31)が17日深夜から18日未明にかけ、
自室で木炭を燃やして自殺した。
18日は女性の誕生日だった。

女性は3年前に知り合い昨年5月から交際を始めた宅配便の運転手男性(36)と同棲(どうせい)し、
結婚するつもりでいた。
だが、この男性が度々家を不在にするため、昔の恋人との関係を続けていると疑い、
さらに、自分の給与から男性の実家へ仕送りすることにも悩みを抱えていた。

「実況中継」の様子はこうだ。
誕生日前日に男性が帰ってこないと分かった女性は17日午後11時46分、
フエイスブックのサイトに、木炭の入ったバーベキュー用コンロの写真を掲載し、こう書き込んだ。
「今日は私の誕生日。カレは帰ってこない。まただよ。バイバイ、私を愛した人と私が愛した人。
こんな世界はもうたくさん」。

その後、サイト上の「友達」から「次(の恋)はもっと良いはず」などと書き込みがあり、
やり取りを続けるが18日零時22分、
火のついた木炭の写真を掲載。異変に気づいた一部の「友達」が、直接会おうとするなど
説得の書き込みを始めた。
だが、女性は同34分、煙が充満した写真を掲載。「もう手遅れ。もう死ぬのに、
まだFB(フエイスブック)が必要なのね。FB中毒だわ。ハハ」。
そして同53分に「煙たくて目に涙。もう返事しないで」と書き込んだのが最期の言葉になった。

女性のフェイスブックには、164人の「友達」が登録。67分間の「中継」中、9人が書き込みをし、
7人が自殺を止めようとしたが、通報した人はいなかった。
さらに、12人が「いいね!」ボタンを押していた。

女性の携帯電話には17日午後9時以降、何度も男性に電話をかけた記録が残っていた。

――いろんな意味で怖いわw
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/556626/

★当サイトの最新情報&過去記事がいつでも知ることが出来る、「2ちゃんねるこわーい話まとめ」のアンドロイド版アプリが遂に完成しました!↓↓


【怖い話】決して家の中に入れてくれない友人
【救いのない話】友人の心の中にある地獄
【恐怖体験談】変死した友人
【恐怖体験談】終電の車内で目撃したのは・・・
【恐怖体験談】深夜に尋常じゃない足音で階段を下りてくるヤツ
【怖い記憶】アサン様
【怖い話】祖母がイヤホンとか補聴器とかを付けるのを嫌がる理由
【オカルト】きじょさん
【恐怖体験談】ペンションが満室で貸別荘に泊まることになったが・・・
【恐怖体験談】あれ以来、二度と肝試しには行っていない
【恐怖体験談】手を振る人影の正体は・・・
【恐怖体験談】家族旅行でホテルに泊まったら・・・
【奇妙な話】木が生えている人が見える友人
【恐怖体験談】最終退室者にならないよう気をつけている俺
【オカルト】神職一家の次男から聞いた話

-人間の怖さ

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2020 All Rights Reserved.