【意味がわかると怖い話】死人から聞いた話

聞いた話です。

2016-02-23_125001

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

※これからお話するのは、みかこさんが体験した実話です。

みかこはある日の夜、一人で留守番をしていた
お母さんもお父さんもお姉ちゃんもどこかに出かけてた
とうとう夜中まで帰ってこなかったんだ・・・

 

 

 

でもね、みかこは待ち続けたんだよ
ずっと、ずぅっと待っていた
やっと2日目の夜、みんなそろって帰ってきた
お父さんがいったの※※の所だからみかこはきちゃ行けないところだったんだよ。ごめんね。
※※って言うのは忘れてしまったそれから数日たって 家族ですごしてた

 

 

でもねお母さんとお父さんとお姉ちゃんは、まったく外に出ようとしなかった・・・
その夜ね、電話がかかってきた
でも誰もでない・・・なんでだろう
だから私が電話をとったんだ

 

 

するとお父さんの兄弟の弟がこんな事を言いだした
「みかこちゃん、落ち着いて聞いてね・・・ 実は・・・・・・ みかこちゃんのお父さんとお母さんとおねえちゃんが行方不明になってしまったんだよ・・・警察にも捜索してもらってる・・・悪いけど、これからはおじさんの所で住むことになるよ。」

 

 

え?
だって・・・お父さんとお母さんとお姉ちゃんはここにいるのに・・・おじさんはおかしなことを言う。
そのまま私はうなずいて、電話を切った。

 

 

みかこは
後ろを見るのが怖かった
みんなのうすら笑いが聞こえる いやだ
うしろを見たくない
いやだ・・・
いやだ・・・

 

 

みかこは思いきって後ろをむいた・・・誰もいない
少しほっとした。

 

でもみんなどこに行ってしまったのだろう。
不思議で不思議でたまらなかった。
ぴちゃ・・・ぴちゃ・・・
・・・?

 

 

なんだろうこの音は
水の音??
みかこは気持ち悪くなったので早くおじさんのむかえを願っていた。
ピンポーン

 

 

おじさんがむかえにきた・・・!みかこはかけ足で玄関まで走ったガチャ
あれ?誰もいない・・・

 

みかこはいたずらだと思い後ろをふりかえった・・・
すると
水びたしのあの3人がうめきながら廊下にいて、私に近づいてくる。
いやあああああああああああああああ ようとした
でも開かない

 

鍵なんかかかっていないのに
みかこはパニックになってもう夢中でドアをガチャガチャガチャガチャと鳴らした

 

そして開いた
その外にはおじさんがいた
私は泣きついた
「お、おじさん、今、お母さん達の霊が・・・・!!」

 

 

おじさんは何も言わない。
みかこがこんなに叫んでいるのに真顔だ
おじさんは笑った

 

 

・・・濡れている???
やだ・・・怖い・・・
私は逃げようとした

 

 

だけどおじさんに手をつかまれた 痛い・・・痛い・・・
車にのせられて おじさんの家とは反対の方向へむかっている。 車も濡れている!!変だ・・・ その後ろに・・・なんとお母さんとお父さんとお姉ちゃんがいる!みんな笑っている・・・
そしてたどりついたのは・・・そこなしの沼と言われている所だ その4人は私をつかんで 池に沈めようとした・・
がぼッごぼッ ごぼぼぼ・・・

 

私は死んだ 死んでしまった。

 

 

死ぬ前に思った
あの4人は出かけていて車ごとあの池につっこんで事故にあってしまったのだろう
どうしてこんな事に・・・

でもどうしてみかこをおいて出かけてしまったかは
未だにわからぬままである。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    意味が分からん

  2. 怖い話の名無しさん より:

    ちょっと残念
    やりなおし

  3. 怖い話の名無しさん より:

    意味わからんよな

  4. 怖い話の名無しさん より:

    うーんなんか

  5. 怖い話の名無しさん より:

    死んだから体験談自体があるはずないってことかね

  6. 怖い話の名無しさん より:

    なんかいよんでもわからん

  7. 怖い話の名無しさん より:

    ヒント みかこ→わたし
    意味が分かっても子供が作ったぽくてなんか恥ずかしくて
    それが怖いw

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。