【不気味な話】叔父の葬式の夜に聞いた話

555: 本当にあった怖い名無し 04/03/27 14:50
釧路という、北海道にある港町の出身です。
20141012a
10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

冬の海は厳しく、誤って落ちるものなら
泳ぐ間もなく死んでしまいます。
僕の叔父もその一人でした。
葬式の夜、当時8才だった僕は本当に退屈していまして、
大人が話しているのをぼんやりと聞いていました。
叔父はまだ若かったので、祖母なんかはすごく取り乱していました。
しかし祖父や父、漁協のおじさんたちは静かに、
そして憂鬱そうにぼそぼそ話していたのです。
”ウーコシルプ”がどうしたみたいな話をしているのです。
”ウーコジブ”かもしれませんが、とに角それが
叔父さんに何かしたみたいな言い方でした。
しかも何人目だとかという話でした。
眠くなった僕は父に布団に連れて行ってもらい、
その時に”ウーコシルプ”って何と聞くと、
「知らなくて良い、寝ろ。」そう言うだけでした。
最近になって思い出し、載せてみました。
恐くないし、そんな個人・団体(ヤクザ含む)聞いたこともないので
読んでいただいた方には申し訳ありませんでした。

 

 

556: 本当にあった怖い名無し 04/03/27 14:54
>>555
なんか”ウーコシルプ”ってアイヌ語っぽい響きだね。
アイヌの神様とか、それとも、もっとマイナーな土着の
アイヌ伝説があるとか。
地元の伝説とか調べてみると謎が解けるかも知れないよ?

 

559: 本当にあった怖い名無し 04/03/27 16:15

>>555
ウーコは無い感じ
ウコ-uko-【接頭】お互いに対して、お互いに協力して一緒に/
ならあった

ただ隠語なら真っ当な辞典には載ってないだろね

 

624: 本当にあった怖い名無し 04/03/28 07:33

>>555

アイヌ語のウーコシュルップが訛ったものと思われますよん。
意味は「ウー」(海の)「コシュ」(化け物)「ルップ」(来る)で
海の神の使いが、身勝手な人間を海の深くに引きずり込むというアイヌの民話から
来ています

とのことです。まちBBS釧路スレで代わりに訊いてやったぞ。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    海にはいろいろいるからね

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。