【怖い話】気配を殺しながらばれない内に閉めようと思ってた

736: 本当にあった怖い名無し 2017/09/19(火) 12:08:09.89 ID:
アパートの一階に引っ越して何日かめの夜、雨戸側を向いて寝てた時の話。
10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

737: 本当にあった怖い名無し 2017/09/19(火) 21:54:01.67 ID:
雨戸の外で声がざわざわ聞こえて、『あー変なヤツらがたむろしてんなぁ・・・』とか思いながらうつらうつらしてたわけだ。
アパートから大学が近かったし飲み会だったのかなとか。
シルエットしか分かんなかったんだけど、カーテンの隙間からは丁度背中向けてんこ座りしてる奴が見えてた。

 

738: 本当にあった怖い名無し 2017/09/19(火) 23:28:40.27 ID:

んで夢うつつの中、ふと雨戸に鍵してたっけ?って気になって見たら開きっ放し。
ヤバいやつがたむろってるから、気配を殺しながらばれない内に閉めようと思ってた。
その一番近い奴の方を隙間からちょっと見てみた。

 

739: 本当にあった怖い名無し 2017/09/19(火) 23:42:03.58 ID:
どうやらそいつずっと俺の顔見下ろしてたらしい。
体こっち向けてたんだよな。
目があって・・・。

 

740: 本当にあった怖い名無し 2017/09/20(水) 00:12:42.50 ID:

うわぁ!!!!と思って跳ね起きて、カーテン勢いよく開けたらダッシュで走り去ってった。

他に誰もいやしなかったから、あいつ一人で喋ってたってことだよな?

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。