怖い話

【ほんのり怖い話】チエちゃん

938: 本当にあった怖い名無し 2010/07/29(木) 08:14:59 ID:Pn6GbVrs0

そういや、子どものころ5歳ころ(多分)

20150829a


チエちゃんと言う子と遊んでたらしく
「今日チエちゃんがね」とか言ってると
母親が恐ろしい形相で
「またチエちゃんが来た。絶対に遊んではいかん連れていかれる」と
言う。
それで寝床で寝る前にお婆は奇妙な、経文を大声で
毎晩唱えるようになった

お婆は線香をたきながら南無阿弥陀仏を唱えてるのだが
時折、鐘をチーンと大音響鳴らし
その音や声があまりに大きくて怖くて声をあげて泣いた

自分にもそれからは、あまり記憶に残ってないのだが、
小学校位の時になった時に母親が言った

何でもチエちゃんは私が生まれる前に、近くの用水路で
遊んでいるうちに
落ちてしまいわずか5歳で亡くなった子だと。
4人兄弟の末子で、とてもひとなつこい可愛い子であったこと。
あまりに幼くして亡くなったので
家族の意向で「土葬「にして、家から見える山に遺体が
眠っていることを。
(30年くらい前でも土葬というのは滅多になかった。
ほぼ火葬だったので)

 

 

-怖い話
-, ,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2020 All Rights Reserved.