人間の怖さ

【人間の怖さ】ブラックがかった会社に勤めている時に本当に起きたありえない出来事

7: 本当にあった怖い名無し 2016/02/05(金) 03:31:43.83 ID:ULrGY5Og0.net

俺はちょっとブラックがかった会社に勤めてるんだけど、一昨日ちょっとしたミスをして、上司にすごく怒られたんだ。

0

上司たって年は2つしか違わないし、ミスも誰でもやるような、金銭的にはまったく実害のないもんだったんだよ。

それが皆の前で、胸ぐらをつかんで揺すぶられ土下座を強要されたんだ。
その日は、いつもはやらないのに、ガード下の赤ちょうちんで深酒して帰った。
部屋に戻って風呂にも入らずバタンキューで寝たら夢を見た。
なんか岩場みたいなとこにいるんだよ。海岸なんだが景色が日本的でない感じがした。
そこに全裸の男が5人くらいいた。それで自分の体を見たら俺も全裸だったんだよ。

「なんだこれは?」と思ってると、俺の会社のハゲの社長が出てきたんだ。
社長だけはいつもどおりネズミ色の背広着てたけどな。
社長は「挑戦者の皆さん、お集まりですね。こっへどうぞ」そう言って、
ひときわ大きい岩の上に皆を連れてったんだ。
そしたら、やはり全裸でうつ伏せに寝てる男がいて、それが昼に俺を叱った上司だったんだよ。
それで上司のむきだしの肛門には、深々とすりこぎのような太い棒が突き立ってた。
社長が「さあ今から一人ずつ、この宝剣エクスキャリバーを引き抜いてください。もし抜けた人がいれば、
その人がこの国の真の王です。true-born kingです」こんなことを言った。

 

8: 本当にあった怖い名無し 2016/02/05(金) 03:32:50.62 ID:ULrGY5Og0.net

俺はこのあたりで夢だってことはなんとなくわかった。まず最初に、
筋肉ムキムキの男が出てすりこぎ棒に手をかけ、全身の力を込めて抜こうとしたがびくともしない。
上司が肩越しに後ろを見て「なんだてめ、その筋肉は見せかけだけのハリボテか?この無能野郎!
もしかしてハードゲイか?」とか、さんざんにそいつを罵倒した。
そいつは目に涙を浮かべて引き下がり、その後何人もが挑戦したが、棒はまったく抜けない。
で、上司の罵倒はますますきつく激しくなってきたんだ。俺の番がきて進み出ると、
上司はうつ伏せのまま顔だけ上げて「のこのこ出て来やがったなこのクソもらし野郎!
給料泥棒に宝剣が抜けもんか。早くやめちまえ、首吊って死ね!」こう罵ってきた。

それを聞いてたら、何か全身に力がみなぎってきたんだよ。俺は棒に両手をかけ、
こねまわすように動かした。これはまず肛門に空気を入れるためだ。そして一気に棒を引き上げた。
ズボッといい音がして先太りの棒が抜けた。社長が「おお」と感嘆の声を上げ、
上司が「きさまごとき能無しが、まさか!」って言った。それと同時に上司の肛門から、
黄色い軟便がぶぶぶぶぶぶと吹き上げ・・・ここで目が覚めたんだよ。
変な夢を見たなあと思いながら翌日会社に行ったら、上司の机と俺の机がなくなってた。
とまどっていると、ヘコヘコした態度で社長が来て「◯◯君(上司のこと)は昨日の夜に急死しました。
それとあなたのお席は別になっていますから」と言って社長室に連れてかれた。「ここでございます」
見たら社長の机で、その上に「王」と書かれた三角プレートが載ってたんだよ。

 

-人間の怖さ
-, ,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2020 All Rights Reserved.