奇妙な話

102: 本当にあった怖い名無し  ID:

私たちの地方では、いまでも、通夜に死者の胸の上に魔よけの刃物を置くという習慣がありますが、これは3年ほど前、山間の部落で実際にあった話です。

hamono

出稼ぎにきていたトピ職人が、心臓マヒで急死しましたが、仲間の職人たちは酒に酔い横着して、その習慣を無視してしまったのです。
ところが、真夜中近く、のどのかわきに目ざめたひとりが、死骸のおいてある部屋の障子をみると、死者の影が立ちあがっているではありませんか。 〝死体が!〟彼はそう叫んだまま腰を抜かしてしまいました。他の仲間たちも目をさましましたやがてその影は、ネコが顔を洗うような動作でゆっくり手を動かしはじめたのです。ふと天井をみると、うす暗いカモイの上に、とてつもなく大きな黒猫が、目をギラギラさせて…。
お坊さんがよばれ、刃物を置いて必死の読経が1時間も続いたでしょうか。死体は音もなくバタリと倒れ、天井のネコもいつか消えていました。仲間は改めて仏の冥福を祈ったということです。

 

-奇妙な話
-

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2022 All Rights Reserved.