人間の怖さ

【 人間の怖さ】田舎へ引っ越して来たら精神障害者のおばちゃんの行動がやばかった

247: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/05/20(月) 22:20:02.43
わけあって田舎に引っ越して来たコミュ障なんだけど
80

田舎だから頑張って挨拶してたら一人マジモンの精神障害者だった
早朝に前庭で煙草吸ったり花の水やりしてると家の前の道を散歩やウォーキングしてる人が結構通るから
その都度挨拶してたんだけど件のオバチャンが三回目くらいの時に敷地内に入って来てなんか色々話して来て
でもオバチャンだし大阪に住んでた時なんか母(コミュ能力高い)は通りすがりの人とも友達になったりしてたから
話が終わらなくて困ったけどおかしいとは思わなかったの
車のナンバーに固執してたから『話題がないなら散歩に戻れば良いのに』とは思ったけど
そしたら日曜日の早朝にドアチャイム連打されてさ
旦那が出たんだけど連打してたのそのオバチャンでなんか一方的に喋って来られたらしく
「用件がないなら帰ってください!」ってドアを無理矢理閉めて追い返してくれたの
んで旦那が車を買ったんだけど翌日早朝にドアチャイム連打してきてドアを開けようとして来てた
鍵掛けてたから入っては来なかったけど
車が増えたからオバチャンとしては見過ごせなかったんだと思う
旦那曰わく月一くらいで深夜にうちの前の電柱の下で立ちつくしてるらしい
本人鬱病で娘さんが自殺してからマジモンになったって姑が言ってた

 

472: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/06/02(日) 23:52:24.24
>>247だけど、今度はオバチャンの旦那が勝手に入って来ようとした:(;゙゚'ω゚'):
鍵締めてたから入って来なかったけど外で煙草吸う時の灰皿に使ってるキャップ付きの空き缶を持ってかれた
勝手口に置いてた草履が二回連続で片方無くなったんだけどこれも犯人はオバチャン旦那かも
オバチャン旦那の兄が精薄で座敷牢に閉じこめられてたそうで、近所の人曰わくそう言う家系なんだそうな
他にも座敷牢があってバリバリ使ってた家がそこら中にあった
お隣から小さな子供もいないのに年寄りの声の調子外れの童謡が聞こえて来た謎が解明できた
うちの辺りは昔からの人には〇〇エッタと呼ばれてるくらい血の濃い家が普通にあって
そう言う地域だから見るからに池沼で喋ったらやっぱり池沼でも実家が金持ちだと普通に結婚するから
幾つかの確率で池沼の再生産になってしまって擁護学級の生徒数が普通クラス並みにいたらしい
て言うかマジで怖いんですが
こないだ夜中に門の外に立ってたし

 

-人間の怖さ
-,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2021 All Rights Reserved.