怖い話

【怖い話】手をつないでいてくれてありがとう

728: 1/2 2009/06/28 02:49:28 ID:RBSo4qnX0

20140102a
 

こんな話を聞いた。

視点をその人のものに修正して書く。

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?216


去年の秋口のことだった。

私は彼女を連れてある街の海辺の小さな博物館へ行くことにした。
その街は戦前から続く日本でも有数の軍都であり、現在でも自衛隊や米軍の基地・施設が
数多くある。私は子供の頃よく両親と来たことがあったのだが、出身県が違う彼女はその街に
来たこと自体が初めてだった。

学生で車のない私達の交通手段はバスしかなかったのだが、あいにく博物館の前まで
行ってくれるバスまではかなりの時間があったため、博物館の近くの公園行きのバスを
使って公園からは歩いていくことにした。

土曜、だったように思う。天気も良い上にまだそれほど寒くもなく、公園はバーベキューや
釣り、磯遊びを楽しむ家族連れで賑わっていた。

園内にあった地図を見ると、小さな山を一つ越えたところに博物館があることが分かった。
海沿いの回り道か山道かの二択である。
私達は山道を選んだ。案外急な坂を登り切ると、少し開けたところに出た。戦中まで砲台が
あったと立て看板に記されていたが、おどろおどろしいような雰囲気はなく、他の家族連れも
散見された。ここから下っていけば博物館である。

と、私は近くに「関係者以外通行禁止」と記された看板のあるトンネルを見つけた。脳内地図を
再生すると、どうやらこれを抜ければ博物館まで直線に近い道のりである。

729: 2/2 2009/06/28 02:51:53 ID:RBSo4qnX0
(続き)

とはいっても鉄格子や有刺鉄線で封鎖されているわけではなく、照明が無い上に結構な長さが
あるものの出口もしっかりと見えていた。
どこか会社の持ち物なのか、そこの社員がたまに使うだけでメンテナンスが面倒だから明かりも
つけていないのだろうか。
などと思いつつ、せっかくだから行ってみよう、と私の中に小さな冒険心が生まれた。
怖がる彼女を勇気付け(宥め賺した、とも言える)、私達はトンネルの中へと進んだ。

一切の照明のないトンネルは思っていた以上に不気味だった。足元が見えないのは危ないので、
気休め程度にしかならないもののケータイのライトを点けた。
別に地面に骨が落ちているわけでも壁に人型の染みがあるわけでもなく、普通のトンネルが続いた。

だが当然ながら、彼女には十分怖かったようだ。惚気であるが、無事に抜けた時の
「もー!怖かったんだから!でもずっと手つないでてくれてありがと」と詰るような、
だがどこか甘えたような目が忘れられない。

あれから結構な時間がたった。

あの時私はカメラを持ち、ケータイを持っていた。

手など繋いでいなかったと告げるべきか、今でも迷っている。

★当サイトの最新情報&過去記事がいつでも知ることが出来る、「2ちゃんねるこわーい話まとめ」のアンドロイド版アプリが遂に完成しました!↓↓


【ゾッとする話】親切な先輩
【オカルト】火葬場で坊さんに聞いた話
【後味の悪い話】親族への隠し事
【不気味な話】謎の黒ずくめの男
【怖い話】子供が吸い込まれる穴
【怖い話】セスナのパイロットをしているおじさんから聞いた話
【ゾッとする話】休憩時間に会社の先輩から聞いた笑い話
【トラウマな話】深夜の草むらで目撃した光景
【恐怖の記憶】スーパーで聞いた大人たちの悲鳴
【恐怖体験談】アメリカで肝試しをしたら・・・
【不気味な話】同じアパートに住む友人の話
【恐怖体験談】防空壕で見た謎の光
【怖い話】裏返し
【恐怖体験談】赤い女
【ゾッとする話】机の上が散らかっている新人

 

-怖い話

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2020 All Rights Reserved.