都道府県の怖い話

【北海道の怖い話】昭和炭鉱での話(PART2)

>【北海道の怖い話】昭和炭鉱での話(PART1)はこちらからどうぞ

592: 本当にあった怖い名無し 2013/07/31(水) ID:AjY77547P

昭和鉱山1

北海道は昭和炭鉱での話。ぐぐればすぐにわかる。

その昔炭鉱で栄えた町で相当の人数が住んでいたそうだが、
俺が友達と馬鹿なキャンプに行った時は既に廃墟だった。

引用元: 不可解な体験、謎な話~enigma~ Part89

597: 本当にあった怖い名無し 2013/07/31(水) 削除対応済み ID:AjY77547P

6.
ドンドン、ドンドン。

 

玄関を叩く音がはっきりと聞こえた。3人とも聞いた。

定岡が戸を開けっぱなしできたのでわずかに玄関が見える。

 

 

 

これも根拠はないが生きている人間がげんこつでドンドンしているような音だった。

俺たちは3人で手を握り合った。全員まさにガクブル状態。
俺は膝がガクガクして止まらなかった。

 

 

 

この後何も起こるなと念じたが、少しの間をおいてまたドンドン、ドンドン。
心臓が爆発寸前だったよ。

 

小声で話し合った。

 

田村「もしかしたら本当に誰か来たのかもしれない、出てみようか。」

 

俺「馬鹿野郎、人間だったらノックと一緒に声をかけてくるはずだ。」

 

定岡「ガクガクブルブル」

 

 

その後ドンドンは途絶えた。
が、俺たちのガクブルは収まらなかった。

3人で寄り添っていたわけだが、ふと定岡に異変が起きているのに気付いた。

 

 

便所の時からの震え方がどうみても尋常じゃなくなっている。痙攣みたいな感じ。

 

 

 

おまけに何かを話そうとしている風なのだが「・・・・ヒッ・・・・ヒッ・・・・ヒャッ」って感じ。

「サダ、なにやってんだよ、落ち着け、気持ち悪い声出すなよ」田村が小声で怒った。

 

 

もうわけわからん状態でこっちまで気が狂うんじゃないかと思った。
田村だけが頼りだったけど泣きそうな顔してた。

 

598: 本当にあった怖い名無し 2013/07/31(水) 削除対応済み ID:AjY77547P

7.
時間は10時を過ぎていたが、
俺たちはどうにかしてここを飛び出して自転車で帰る事を画策していた。

 

 

荷物はテントくらいだがそれは自転車に括り付けたまま。

 

 

外にさえ出られたら自転車ダッシュでとにかくここを離れよう、そんな計画をしていた時だった。

 

 

 

今度は何やら大人数が歩いているような音がざっざっと聞こえてきた。

というか、最初は小さい音だったので無視していたのだけど、
徐々に大きくなってきていて聞き流すことができなくなったわけ。

 

 

話し声らしきものも聞こえた気がしたが、
日本語とは思えない理解のできない声だったし、まだ遠くのような気もした。

 

 

良く考えると足音かどうかも知れないのだが、こういう時は本能的にそう感じるものなのね。

 

 

いずれにせよ、まだあやふやで断定はできないというかしたくない状況だったので、
俺たちはそれが近づいてくる前に脱出することにした。

定岡はまだ「ヒャッ、ヒャッ」状態。

 

 

「サダっ、いいか、これから帰るぞ。自転車で一気に行くからな、しっかりしろよ」

 

二人で定岡を両脇で抱きかかえるように和室を後にして玄関の前に来た。

 

 

俺たちは恐怖から逃れるために思考を停止させ、とにかく一気にいくぞ作戦だった。
「いいか、3人でドアを開けてとにかく一気だ」

 

 

「せーの」でドアを開けるのだが、北海道というのは雪が積もるのでドアは基本引き戸なわけ。
(雪が積もると開けられなくなるでしょ)

で、小声で「せーの」で戸を開けて一気に突っ走る予定だったのだが、
もろくもその算段は崩れ去った。

 

 

戸を開けたその先には恐ろしい形相の男が仁王立ちで俺たちを睨んでいたんだよ。 orz

 

599: 本当にあった怖い名無し 2013/07/31(水) 削除対応済み ID:AjY77547P

8.
俺たちは後ろにのけ反るようにしりもちをついた。
というか、たぶんぶっ飛んでいたと思う。

 

 

で、なんでかわからんのだが俺は土下座して「すみません、すみません」を連呼していた。

途中からも田村も加わっていたが、定岡は声も聞こえないし、実際どんなだったのかは覚えていない。

 

 

とにかく「すみません、すみません」を連呼していたのだが、
ふと気配が消えた気がして恐る恐る顔を少し上げたところ、男はもう見えなかった。

でかい声を出したせいか少し恐怖心は吹っ飛んだ気がした。

 

 

俺と田村は顔を見合わせて、定岡を両脇で抱え上げてとにかく階段を降りた。

 

一気に行きたかったけど定岡がそんな調子だし、
廃墟の階段だし降りるのがなんとも危険でまどろっこしかったのを覚えている。

 

 

道路はほぼ一本道で左が昼間の祠?へ続く道、右が俺たちの町へ帰る道だった。

 

 

ざっざっという音は左から聞こえてきていたと思う。
唯一月明りが恐怖心をほんの少しだけ和らげてくれたが、見たくないものが見えそうな気もした。

その時また異変が起きた。

-都道府県の怖い話
-,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2021 All Rights Reserved.