閲覧注意

【閲覧注意】私の爺さんは戦争中、北支の方に配属された分隊長だったんだが・・・

228: 本当にあった怖い名無し 2007/06/08(金) 03:00:13 ID:W+Q/390e0
china10私の爺さんは戦争中、北支の方に配属され、分隊長になりました。
山東省の非治安地区に警戒に出たところ、敵兵(共産軍)から狙撃を受けました。
爺さんの分隊はそれを追って行くとどうやら小さな集落に逃げ込んだようです。
そこで集落に居た者を年寄りから子供まで全員並ばせ、共産兵をどこに隠した?
と訊いても誰も答えません。

 


引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?166

228: 本当にあった怖い名無し 2007/06/08(金) 03:00:13 ID:W+Q/390e0
私の爺さんは戦争中、北支の方に配属され、分隊長になりました。
山東省の非治安地区に警戒に出たところ、敵兵(共産軍)から狙撃を受けました。
爺さんの分隊はそれを追って行くとどうやら小さな集落に逃げ込んだようです。
そこで集落に居た者を年寄りから子供まで全員並ばせ、共産兵をどこに隠した?
と訊いても誰も答えません。
そこで怒った爺さんは見せしめのため、集落の長(50位の壮年の男)
を処刑することにしました。
爺さんは分隊長になったばかりだから部下にカッコいいところを見せようと、
自ら刀(家に伝えられた銘刀を軍刀に仕立てたもの)を抜き、集落の長を部下に
押さえさせたところを一刀両断に首を打ちました。ただ、力が入りすぎていたせいか、
切断された頭部は5~6メートル先まで飛んでいったそうです。
それを拾い上げて村人に見せつけようと、髪をつかんで首を持ち上げると、
爺さんと目が合った時、首はニカッとふてぶてしい笑いを浮かべたというのです。
爺さんはギャッと驚いて首を放り投げると腰を抜かし、
部下の前で恥をかいてしまったそうです。
人間、首だけになっても生きてることがあるんだなあ、ほんとに驚いたよ、
と生前、しみじみとその話を何度もしていました。

 

231: 本当にあった怖い名無し 2007/06/08(金) 07:35:21 ID:1ghQ/ArS0
>>228
フランスで、ギロチンで飛ばした首に話しかけたら目がこっち向いて口パクパクしたって記録がある

さっきファミレスのトイレ行ったらさwwwwwwwwwwwwww
【閲覧注意】2ちゃんねるの怖い話教えて
【洒落怖】竹林で・・・
【有名な怖い話】八尺様
【有名な怖い話】鹿島さん
【心霊体験】山にまつわる怖い話 -西瓜-
【閲覧注意】いじめられっ子の復讐 -サンドイッチをカツアゲしたら・・・-

-閲覧注意
-,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2020 All Rights Reserved.