【怖い話】車でカセットテープを聴こうと思ったら・・・

85: 本当にあった怖い名無し 2010/03/20(土) 11:33:13 ID:g7UyyXki0

数年前の話(上)。
私の祖父母の家は実家から車で何時間か行った所にある。

20150930a

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0


場所が場所なので高速を使ったり山道を走ったり。
小さい頃から夏休みなどの長期休みでは必ず祖父母の家に
行っていたので、
そのときも毎年と同じルートで父が車を走らせていた。
到着までは何時間もかかる上に、毎回おなじみの道。
必然的に運転手の父以外の家族は長時間の車内で
特にすることも無いので、
私を含めていつの間にか眠ってしまった。
そして何十分か、何時間かたった後、私はふと目を覚ました。
父は相変わらず運転しているし、ほかの家族はぐっすりと
眠っている。
窓の外を見れば景色はまだ山の中。
ぼんやりとした頭でなんとなくその景色を眺めていると、
そのうちにトンネルに差し掛かるのが見えた。
山々の景色から急に切り替わる視界。
父も運転に集中しているのか、会話はない。
暇だな、と思った私は何か曲でも聴こうと持ってきた
カセットテープを適当に漁った
(うちの車は古いのでカセットしか聴けない)。

 

86: 本当にあった怖い名無し 2010/03/20(土) 11:35:03 ID:g7UyyXki0

数年前の話(下)。
さあ入れようと意識をそちらに向けたその時。
私は微かに違和感を感じた。
既に入っていたと思われるカセットがキュルルルルル・・・と
壊れたような小さな音を立てているのが聞こえる。
あー壊れたか(元々そんな感じだった)と悟ったが違和感の
正体はそれだけではない。
何となく耳を澄ませていると、どうしてもその小さな音がどうも
人の話し声に聞こえる気がする。
まさかなとは思いつつも今度こそ集中してその“音”ならぬ“声”を聞いた瞬間、背筋が凍った。
「おかあさん、おにいちゃん、くるしいよたすけて」
気のせいではなかった。
あのカセットテープが壊れたような音でその言葉が延々と
繰り返されている。
それも小さな女の子の声で、時折悲痛なうめき声も混じって。
「おかあさんおかあさん」
「おにいちゃんおにいちゃん」
「くるしいたすけてたすけて」
ずっと。
今思えば何であの時父に話さなかったのか、と自分でも
不思議だ。
結局私はその“声”を家族に話しかけられるまで聞いてしまった。
その後何が起こるというわけでもなかったが、
あれから数年たった今でもあの“声”は耳に焼き付いている。

「おかあさん、おにいちゃん、くるしいよたすけて」

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    娘は13になって盗みの味覚えて~黒いリストに名前残した~♪♯

      ・・・センパーイ・・・

  2. 怖い話の名無しさん より:

    投稿者の家族構成が書いてないのでテープの声が投稿者の家族か別の家族かが分らん、30点

  3. 怖い話の名無しさん より:

    2010年の数年前でもカセットは絶滅していたはず

  4. 怖い話の名無しさん より:

    創作

  5. 怖い話の名無しさん より:

    岩崎宏美

  6. 怖い話の名無しさん より:

    つまんね

  7. 怖い話の名無しさん より:

    俺の場合は二十数年前、当時の彼女とファミレスで飯食って、会計時にレジ近くにあった、恐怖カセットを気まぐれに購入した。地域密着の心霊スポットとそれにまつわる体験談が吹き込まれたカセットテープ。車を走らせる前に開封すると、折り畳まれた解説文入りのスポットマップが入っていた。手書き風な印刷のその紙。
    彼女はそれを見るなや、「この字、俺君の字に似てる。」
    「へ?どれ?」「ほ・・ほんとだ。きたねー字。俺の字にそっくりだ。」キミ悪さを感じたが、カセットテープをデッキに挿入し、再生させた。彼女が言った。
    「声はちがうケド、話し方が俺君っぽい。・・怖い。」
    すると買ったばかりのカセットテープなのに再生音が歪んだ。
    それと同時に
    『コンッ!』と車の後部を強くノックされた音がした。
    「キャ!」「うおっ!」とビビった二人。
    もちろん、車をノックした人物の気配は無い。
    「このテープやめようよ〜」そう言う彼女に同意した。
    カセットをデッキからアジャストした時、
    なんと、テープのたるみ防止のストッパーを付けたままだった。
    その事に気付かずにデッキに挿入してしまった俺は解説マップの件で内心、動揺していたのだった。
    音が歪んだのはストッパーのせいか。取り出して良かった。
    無理に再生されたせいでテープが外にたるみ出していた。
    デッキの中でゴチャゴチャに絡まるトコだった。
    自分の間抜けさに少し情け無くなったその時、
    『コンッ!』
    今度は車の屋根を上からノックされた様な音がした。
    彼女は大きな悲鳴を上げた。俺は驚き過ぎて逆に声すら出なかった。
    「このテープ捨てよう!」窓を開け、今しがた飯を食ったファミレスの駐車場に投げ捨てた。
    ストッパーが付いたままのテープを挿入したせいで、その後デッキが壊れ、買い換える羽目に…。
    少しして、その彼女との関係も壊れた。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。