【怖い話】防空壕の中から・・・

125: 本当にあった怖い名無し 2011/08/10(水) 18:39:20.33 ID:P9wCKHqV0

学生時代の話をひとつ

20150502a

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0


ちょうど今くらいの時期だったかな?
サークルで離島に合宿に出かけた肝試しの時の事。

俺たちはその舞台に標高100mもない小さな山を選んだ。
この島、戦時中の傷跡があちこちに刻まれていて
防空壕はそこかしこにあるわ、山の中にはヘルメットみたいな
ものまで落ちてるわで雰囲気バッチリ。

頂上付近のひと際デカイ防空壕の前から出発、
山道を下って戻るというルート。
防空壕から流れてくる冷たい空気が
いやでも雰囲気を盛り上げる。

 

 

126: 本当にあった怖い名無し 2011/08/10(水) 18:43:36.91 ID:P9wCKHqV0

俺を含む下っ端の学生が肝試しのルートの各所に
一人ずつ、おどかし役として茂みの中に身を潜めた。
向こうから見える懐中電灯をたよりに木をゆすったり
奇声をあげたりして、おどかす事2時間。
最後の組が通過したのを確認した俺は
打ち合わせ通り肝試しの出発点に戻った。

…何の手違いか防空壕の前には誰もいなかった。
明かりひとつ持たない俺は真っ暗な山の中にひとり
置き去りにされてしまった。
あまりの暗さに帰り道も分からない。
どうしたものかと途方に暮れていたその時、

 

127: 本当にあった怖い名無し 2011/08/10(水) 18:46:10.99 ID:P9wCKHqV0

防空壕の中から人の気配がした。
ザッザッという足音だけが俺の耳に届いた。
最初は俺を脅かすドッキリかとビビリながらも
ホッとしていた俺はある事に気づいた。

防空壕の中から見える筈の「明かり」が見えない…
暗闇で目を慣らした俺でさえ何も見えないのに
足音の主は明かりも持たず足場の悪い穴の中を
こちらにむかって歩いてくる…

「ここにいてはヤバイ」
考えるより先に体が動いて
俺は近くの茂みに飛び込んだ。
足音が近づいていたが振り返らずに道無き道を
半分転がり落ちながら下山した。

 

128: 本当にあった怖い名無し 2011/08/10(水) 18:49:51.04 ID:P9wCKHqV0

擦り傷だらけになりながらも
なんとか下山した俺を光が照らした。
俺だけいない事に気づいた友人が探しにきてくれたんだ。
確認したがやはり誰も防空壕には隠れていなかった。
気味悪過ぎて出来る訳がないと
そりゃそうだ。

竹を踏み抜いて足をケガしたり
木から落ちて首の骨を折りかけた奴もいたが
なんとか無事に肝試しも終わり
夜が明けてから後片付けにいったんだが

 

129: 本当にあった怖い名無し 2011/08/10(水) 18:53:23.26 ID:P9wCKHqV0

防空壕の前に立てておいた
10本以上あったぶっといロウソクが
跡形もなく無くなっていた。
たらしたロウの跡さえ見つけられなかった。
きっと島の人が始末してくれたんだろう
という事にして、それ以上の詮索はせず俺たちは島を後にした。
長文失礼

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    怪我し過ぎww

  2. 怖い話の名無しさん より:

    首折れなくて良かったね

  3. 匿名 より:

    動物がいた可能性もある

  4. 怖い話の名無しさん より:

    竹を踏み抜けるとかどんだけ薄い靴か巨漢か落下したのか
    あの太いもん踏み抜くとか怖すぎ

怖い話の名無しさん にコメントする コメントをキャンセル

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。