【人間の怖さ】突然の雨で雨宿りをしていると、焼却炉かた煙が上がっていた

139: 本当にあった怖い名無し 2015/08/22(土) 00:21:55.93 ID:mGbUZWJ90.net

15年以上前の高校生の頃の話。
20150305a

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

女友達が女2人を紹介してくれる事になり、こちらは男2人で臨んだ。
あ…エロ系ではないよ。
20時頃におち合いカラオケで3時間くらい遊び、
その後もまだまだ遊ぼうという展開になった。

カラオケ屋から出ると外は雨。
行く場所もないし夏だったので墓場にある屋根とベンチだけがある壁のない
休憩所で雨宿りしながら話をする事に。
2時間くらい普通の話や恋愛話で盛り上がっていたら、
古くなったお供えの花等を燃やす為の焼却炉から突然煙が出始め、
焼却炉の口からは炎も見えた。
到着した頃には煙も出ていなかったし焼却炉の構造上雨は入らないと思うが、
雨も降り続いていたのにも関わらず。

 

140: 本当にあった怖い名無し 2015/08/22(土) 00:22:24.44 ID:mGbUZWJ90.net

さらに墓場の方ではたまに何かの光がみえ始めた。
僕らの地域ではお盆になるとお墓に盆灯篭という、
竹槍の反対側を上にして逆四角錐の紙を取り付けて
キラキラの装飾を施すものを備える風習があった。
初盆は白い紙でそれ以外は様々な色の紙を付ける。
最初はその盆灯篭に遠くの車のヘッドライトが反射しているの
だろうと思っていたが、よく考えたらお盆の時期ではなかった。
それに光は最初は見えたり消えたりしていたが、
徐々にふわふわと揺れ始めた。
もしかしたら人魂??とか話していたら女子達が怖がり始めたので
雨の降りしきる中、その場を退散した。
強がってはいたが、俺も男友達も相当ビビッていた。

時間も夜中の2時頃になり雨も降っていたので、
一緒にいた男友達の家が近所だったのでそこで朝まで過ごす事にした。
しかし友達の家はとても厳格で友達は所謂不良だったのだが、
夜中に女を連れ込むとはもっての他だったのでこっそり侵入する事に。
友達の部屋は2階にあるのだが階段がギシギシ音をたてるので、
なるべく音のしないところを選びながらゆっくり昇り、
なんとか友達の部屋までたどり着いた。
その後は墓場での不思議な体験にビビる女子達とは特にチョメチョメな事は
何も起こらず朝まで過ごしたのだが、
結局は友達のオトンにばれて俺と男友達はぶち怒られた。
何故か女子達含めてみんなでオカンの朝食を頂き解散した。

墓場での緊張感と恐怖よりも、友達の家の階段を昇る緊張感とオトンの
方が怖かった…笑
やっぱり、現実の人間の方が怖い…というお話でした。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    気のせいだよ

  2. 怖い話の名無しさん より:

    「【人間の怖さ】何よりも怖かったのはオトンだった」ってタイトルで同じ記事載せてるじゃんw

  3. 怖い話の名無しさん より:

    この話しつい最近読んだぞ❗️
    管理人

  4. 怖い話の名無しさん より:

    広島の話じゃねーか。さすがに場所までは特定せんけど。

  5. 怖い話の名無しさん より:

    最近のまとめ記事ってバイトが書いてるから被るんだよ

  6. 怖い話の名無しさん より:

    高校生で、しかも女子が夜中に男と遊んで平気な家庭ってありえない。
    親の顔がみたい。
    友達の親が怖い言ってるけれど、自分も親になればわかるんじゃない?
    それとも娘がいても放任する親になるのかな?
    この話では親が怖いといってるが、私的には注意しない親のが怖いわ。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。