【怖い話】事件後、オウム真理教の施設がある村に行って起きた事

858: 本当にあった怖い名無し 2015/07/09(木) 22:41:58.80 ID:gdvruwG90.net
sarin

会社の先輩から聞いた話なんだけど

 

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

858: 本当にあった怖い名無し 2015/07/09(木) 22:41:58.80 ID:gdvruwG90.net

会社の先輩から聞いた話なんだけど
地下鉄サリン事件後オウム真理教の施設に家宅捜索が入ったニュースを見て
先輩が仲間たちと肝試しでその村に行ったんだって。
が当然警察がいて、近くに行くことは出来なかった。
仲間たちと、「拍子抜けだね」なんて話をしながら暗い道を車で走っていたら、遠くに明かりが見えたらしい。
走っていた場所が山道だったから、こんな所に明かりがあるのはおかしい。
それこそオバケがいるかもしれない、って軽い気持ちで車から降りてその明かりの所に向かったら
突然、茂みから白い服を着た男の人が、小さい斧をもって先輩たちの方に走ってきた。
これには流石に驚いて、慌てて車に戻ったんだけど、4人で行って3人が車の中に戻ったけど残り1人は遅れて
その白い服を着た人に捕まってしまった。
先輩と友達が、車の窓から捕まった友達の腕を掴んで引っ張って、車の中に入れたんだけど
その間、白い服をきたおじさんは
「お前らこんなところで何してる!?お前ら見たかー!?見たかー!!?」って怒鳴っていたらしい。
急いでその場から立ち去ってしばらく車を走らせ、東京のファミレスに深夜入った。
それからもう怖くて夜が明けるまで、ファミレスで時間を潰していた。
って話なんだけど
今思えば、あの時あの明かりの先に居たのは、逃亡し続けた幹部の人たちだったのかもしれない。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話しの無名しさん より:

    殺されなくて良かったな

  2. 匿名 より:

    怖えぇー
    やっぱ生きてる人間が一番恐ろしい

  3. 振り向き様にヤイサホー より:

    パナ研どうなった?

  4. 怖い話の名無しさん より:

    こういうのが一番怖いよな。

  5. 怖い話の名無しさん より:

    殺されればよかったのにぃ

  6. 怖い話の名無しさん より:

    ネタだよね。逃亡中の人が自ら顔を出す事は無い。
    普通は隠れる。

    あとオウムは肉体派では無くひ弱で
    薬などで人を殺していたので斧とかは使わないと思うぞ

  7. 怖い話の名無しさん より:

    昔、友達4人で海で遊びに行った帰り、山道で白い服着た怪しげな人に車止められ、この先は行けませんと言われる、良く見ると、そこらへん白い布だらけ、その時テレビで話題になってる変な宗教やとわかり、まだ文句ゆうから、相手が5人ほどやし、しばいたった、、そして車に乗りしばらく走ると、又三人ほど白装束出てきて、車止められて、何で入ってくるんやと言われ、あっ君たちの友達しばいたったは、あんたらどうする、どつきあいやるかと言ったら、どうぞ行って下さい、ほんで山降りて、警察に電話。

  8. 怖い話の名無しさん より:

    肝試しが拍子抜けで終わらなくて良かった良かったというお話だよね

  9. 怖い話の名無しさん より:

    白い服を着た男の人
    それオウムじゃなくてパナウェーブの人じゃね?
    オウムは階級毎にカラフルな服で直ぐに身分が分かりやすくなっている
    野外活動とかパフォーマンスの時は白い服を着るが基本白い服は着ない

  10. 怖い話の名無しさん より:

    下っ端は白い服着てることもあったし、パナは活動地が違ったから…
    逃げ遅れた教団のメンバーの可能性があるって考えたほうが記事的には楽しいよね。

    当時からあの周辺には他にも村があったわけだし、
    変なことがあった後だから自警団や作業中の地元民が警戒してきた可能性もある。
    本当にやましいことをしていただけの人かもしれないけどね。

  11. 匿名 より:

    警察が辺りをウロウロしてる状況で?

  12. 怖い話の名無しさん より:

    >>会社の先輩から聞いた話

    この時点で信ぴょう性を察しろよ

  13. 怖い話の名無しさん より:

    おいおい、同じオチの違うバージョン知ってるぞ。
    今思えばじゃねーよw

  14. 怖い話の名無しさん より:

    坂本弁護士が住んでいた団地の他の住人(7世帯)は、
    全員事件の起こる半年前より後に越してきた人たちだった。

    そのうち5世帯が創価会員。
    神奈川県警は失踪事件当初、この住人達全員に行動確認をかけていた。
    その矢先に突然県警本部長のセクハラ疑惑や
    生活安全課幹部がノミ屋を張っていた疑惑が次々に出始めて、
    行確をはずしたら、マスコミからの疑惑追及も止まった。

    ネトウヨも韓流ブームもまだない頃だったけど、あの頃からもう俺達の国はおかしかった。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。