【ゾッとした話】ラジオを聞いていた時の恐怖体験

273: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/05/12(日) 15:52:51.93
嘘みたいな本当の話なんだけどね。
191
10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

高校受験の時期に
ラジオを聞きながら、勉強してるとノイズが入って、女の子の声で
「階段一段の~ぼった~」ってラジオから聞こえて、
次の日も「階段二段の~ぼった~」
次の日も「階段三段の~ぼった~」時間は決まって午前二時
それが一週間くらい続いた時に、変だと思って、ラジオ局に問い合わせるも
「そんな放送はしてない」と言われた。友達もみんな聞いていない。
でも、その後も毎日階段を一段づつ上ってる。
初めに聞いた日から12日目、友達がふざけ半分で泊まりに来た。
そして、午前二時。ノイズが入り、女の子の声が・・・
「階段十二段の~ぼった~」その時気が付いた。
部屋は二階、家の階段は十三段・・・
部屋を飛び出すと階段のところに
六歳くらいの黒髪のおさげの女の子が立ってて
「後一段だったのに」と言ってスゥ~っと消えた。
それから、ラジオは夜に聞かない事にしてる。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    階段昇り切った所に脚立でも置いといたら、この女の子は昇ってくれるのかしら

  2. 怖い話の名無しさん より:

    幼女と仲良くなれるチャンスやったのに!
    マジ勿体無いわ〜

  3. 怖い話の名無しさん より:

    ア・バオア・クーはロリっ娘だったのか

  4. 怖い話の名無しさん より:

    キチガイ

  5. 怖い話の名無しさん より:

    当直の話の派生か?

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。