【恐怖体験談】手を振る人影の正体は・・・

97: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12 04:44:11 ID:ksSExR0r0

20131226c

 2008年の8月の終わり頃、一週間ほど夏休みが取れたので
兵庫県の実家に帰省しました。 

ある日、叔父(父の弟)に頼まれた簡単な仕事の手伝いを終え、
二人車で帰路につきました。

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?212

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

時刻は夕方で、全開にした窓からの風はまだまだ熱気を孕んだものでしたが、
しかしそれは夏の終わりを感じさせるもので、なんだか切ない気持ちになったのを覚えています。
実家付近の川原にさしかかると、ふと叔父が「寄ってみるか?」と言いました。
実家から車で10分くらいの川原でしたが、最後に来たのは小学生の頃です。
汗と埃を洗い落としたかったのと、懐かしさとで二つ返事で賛成しました。
その川は水量も少なく、またかつて名水百選にも選ばれた川の傍流にあたるため
その透明度は言うに及ばず、つかの間休憩するにはうってつけの川原でした。
小学生の頃、自由研究で川の水位を測るための目印とした岩も残っていて、
ずいぶんと感慨深いものを覚えました。
さて、水で顔を洗い、‘石切り’などしていると、叔父が言いました。「誰か来るぞ」と。
叔父の言う方を見やると、確かに対面の岸に手を振る人影が見えます。
人影までそう遠くはないのですが、
靄(もや)のような霧がかかり、影のようにしか見えません。しかし手を振る人影は、
どうやら小舟に乗ってこちらへやって来ているのが分かりました。
98: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12 04:44:51 ID:ksSExR0r0
人影は二人連れらしく、その内のひとりがこちらに手を振っています。
叔父がその人たちに気付いたときからこちらに手を振っているため、知り合いか、
もしくは何か用があるのかな、と思いました。
誰だろう?と叔父と僕は顔を見合わせました。叔父も見当がついていないようでしたが、
怪訝な顔つきのまま手を振って応えていました。
そろそろ靄を抜けるか、という境まで来て、まだ手を振っているのを見て改めて誰なのか考えつつ、
僕はしゃがみ込んで待っていました。
そしていよいよ完全にその姿を目視出来る距離まで来て、その二人の、あまりにあまりな正体に、
僕と叔父は戦慄しました。

さっきまで手を振って、小舟に乗ってこちらへやって来ていた人影は、

二 体 の 人 形 だったのです。

叔父と二人、女の子みたいに悲鳴をあげながらも、それから目を離さずにはいられませんでした。

99: 本当にあった怖い名無し 2009/05/12 04:47:36 ID:ksSExR0r0
まず手を振っていた方は水色の和装で、少年の人形
(一般的な雛人形を一回り大きくして立たせたような感じ)
のようです。顔は元は真っ白だったのでしょうが、雨風に長い年月さらされたような汚れがあり、
唇に剥がれかけた朱色の紅がひいてありました。あと腰に白い刀を下げていました。
もう一体の方は少女の人形で、髪が長いのと着物が薄い赤色というの以外は少年の人形と同じで、
一見で対になっているのが分かりました。
毬か道具箱か、何かを抱えていたような気がしますが定かではありません。
あと小舟と思っていたのは、長方形の平べったいお盆のようなものでした。
僕が震えながらもその姿から目を離せないでいると、叔父がこの不気味な人形たちの、
更なる異常さに気付いて言いました。

「流れ逆やぞ、これ!」

川は僕たちから見て右上に流れています。つまり人形たちは、
川 の 流 れ に 逆 ら っ て
こちらへやって来たのです!
それに気付いた僕たちはたまらず一目散に車に飛び乗り、川原を後にしました。
僕が恐る恐るサイドミラーで確認すると、二体の人形は本来流されるべき方向へ、
流れに乗ってゆっくりと遠ざかっていきました。
車中、叔父とあの人形が手を振っていたのは思い違いではないという事を確認しあい、
急いで家へと戻りました。

あれから不思議とあの人形たちは夢にも出てきませんが、あの一件以後、
川には近づけなくなりました。



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 名無し より:

    なんだかゾクっとした。

  2. より:

    こんなもん作って流すのは切ない事情がありそうだ。

  3.   より:

    >しかしそれは夏の終わりを感じさせるもので、なんだか切ない気持ちになったのを覚えています。
    導入部分からすでに臭いな

  4. より:

    前置きの描写のおかげで胡散臭さしか感じないな
    惜しい…

  5. 臨時傭兵 より:

    流し雛ってオカルトじゃなく普通にある人形供養なんだけど怖いな。
    っていうか人形という物自体がそもそも怖い。

  6. ゅん より:

    家に持ってかえって、汚いとこは補修してあげて
    人形ケースに収めて飾りたいー、
    手ふってるから、御利益あるあるかもよ。

  7. 寝不足な名無しさん より:

    これは秀作。人形に手を振り返したらどうなっていたのでしょう。

  8. 寝不足な名無しさん より:

    いやいや・・・
    人形系は怖いね・・・・

  9. 不気味な感じが想像できる より:

    これは怖い話として非常に面白かった。

  10. こむぎやき より:

    兵庫県も流し雛の風習があるんだな……。
    流し雛は大抵桟俵だけど四角盆に乗っていたのか、興味深いなぁ。

  11. 名無し より:

    凄く驚いてビビッていた割には2体共の人形の特徴しっかり捉えていたりしてやたら冷静過ぎる気が…
    あと、流れ逆って普通直ぐ気付かないか??

  12. 怖い話の名無しさん より:

    流れに逆らってるの気づくの遅くね?創作かな

  13. 怖い話の名無しさん より:

    もし人形がゆるキャラだったら、手を振り返さない自信がない。

  14. 怖い話の名無しさん より:

    ※6
    流し雛は悪いもの連れて流れてくんじゃなかったか?
    拾って家に上げたら何が起きるかわからないぞ。

  15. 怖い話の名無しさん より:

    ラジコンだろ

  16. 怖い話の名無しさん より:

    クソガキの時分だったら
    石ぶつけ始めてるだろwww
    戦争ごっこよろしく
    「至近弾、命中!」
    「弾着測れ!」
    「右舷、命中!」
    「敵、手旗信号発信中・・・
    “コ・ウ・サ・ン”」
    「罠かもしれん。46㎝砲、撃ち方用意!
    目標、敵艦乗組員・・・撃て」

  17. 怖い話の名無しさん より:

    人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人人形人形人形人形人形形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形人形

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。