怖い話

【恐怖体験談】友達の家からの帰り道での出来事

夜中に友達の家からの帰り道、近道しようと街灯もない細い小道に入ったら遠くに赤い棒状のライトが揺れていた。

20161107c

426: 本当にあった怖い名無し  ID:

夜中に友達の家からの帰り道、近道しようと街灯もない細い小道に入ったら遠くに赤い棒状のライトが揺れていた。
アップライトにしたら工事現場なんかで立ってる交通整備の人が立ってて赤いライトで誘導してた。

でもその先の道に工事なんかしてる様子はなくて真っ暗。
一本道で随分奥まで見えてるけどずっと真っ暗。

よく見ると交通整備の人は雨も降ってないのに反射板のついた白いカッパみたいなのを着て頭まですっぽりフードを被って、こっちを見ながら赤いライトで「通っていいよ」の合図を出してた。

なんか怖くなって近づくのをやめてバックしようとしたら、少しづつ歩いてこちらに近づいて来たからバック下手だけど思いっきりバックで戻って逃げた。

工事の看板や工事用の電灯などもなく、ほんとにポツンと暗闇に一人だけ警備員が立ってる状態だった。
幽霊とかじゃなく、あれは生きてる人間だったから余計に怖かった。

 

428: 本当にあった怖い名無し  ID:

>>426
普通に崖崩れやらの警戒中に保安員が誘導してる事がある。

彼等も夜中に大変なんだよ

 

430: 本当にあった怖い名無し  ID:

>>428
田舎に住んでるが崖崩れなどは
保安員より先にまずカラーコーンなりで通行止めするよ
なので分かれ道なら通行できない方にカラーコーンなり何かしらあるはず

夜間ならなおさら
保安員だけいるのはおかしい

 

427: 本当にあった怖い名無し  ID:

怖えぇよ

 

429: 本当にあった怖い名無し  ID:

確かに何らかの理由で誘導してるかもだけど、歩いて近づいてこられたら怖いわ。

 

431: 本当にあった怖い名無し  ID:

そして一本道で通行可なら
そもそも保安員が立つ必要ないしな

 

-怖い話
-,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2021 All Rights Reserved.