奇妙な話 怖い話

【怖い話】心霊スポットの廃病院の中に入った時の話

713: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:12:52.67 ID:NtWSPPLm0.net
byo

当時関西の宮廷理系で、俺と他にA,Bの3人で関西の心霊スポットに
行った時の話だ。

 

Aが車を持っていて、山中の某拠点に向かった。
ちなみに山道では、走り屋がたむろっててバックミラーにライトが光った次の瞬間に
気づけばもう追い抜かれてるという環境だった。

 

714: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:15:39.18 ID:KAEIrjx/0.net

心霊スポットは初めてだったが、20歳にもなってということもあり
Aの誘いについて行った。Bはただ楽しければいいって感じ。

 

716: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:19:09.28 ID:KAEIrjx/0.net

目的地まで車では直接行けず、途中まで車で向かい
草が生い茂る地点で車を降り、そこから徒歩で向かった。
目的地は集団自殺があったという廃病院。

 

717: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:23:28.76 ID:KAEIrjx/0.net

車を降りた時点ですでに24時を回っていて、あまりの漆黒に
車から降りるのさえためらった記憶がある。
が、Aがどんどん進むのでついていく。
Bは、俺のあとをついてきてA,俺,Bの順番で歩く

暗闇の中を5分ほどで、目的の廃病院につく。

 

718: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:27:29.79 ID:KAEIrjx/0.net

廃病院についたものの、入り口がない。
正面は冷たいコンクリートで固められている。

もうそれだけでも帰りたかったが、Aが他に出入り口がないか探す。

 

719: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:31:01.45 ID:NtWSPPLm0.net

暗闇から、Aが帰ってくる。正反対に地下への入り口を見つけたと。

正直行きたくなかったが、ここまで来てという気持ちもありその裏口へ。

暗闇のそのまた闇を見るために、裏口にある入り口らしき
これまたコンクリートを動かす。

地下への階段があった。

 

720: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:34:52.78 ID:ml2FkZD10.net

A,俺,Bの順番で階段を下りるが、致命傷が発覚、
だれもライトをもっていない。

が、Aがジッポで光をともす。

薄暗い、帰りたい。

 

721: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:38:57.81 ID:AKb+R2yE0.net

とはいえ、揺らめく微光でも中に入ればまったく問題ない。

トイレをはじめとして、なにかありそうな部屋を
その光だけで見てすすむ3人。

結局突きあたりまできた。最後の部屋。

 

722: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:46:44.47 ID:VMfzMrS50.net

最後の部屋。何もない。

…そこで、Aのジッポの光が突然消える。
叫びたくなるが、なんとかこらえる。
A「悪い、オイルが切れたみたいやわ」

 

723: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:48:59.98 ID:KAEIrjx/0.net

ジッポは、基本的にオイルが切れるまで燃焼する。
逆にオイルがなくなると当然、切れてしまう。

すぐに持っていたライターの光をつける俺。
よかった。

が…

 

724: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:51:45.23 ID:VMfzMrS50.net

俺の持っているライターの炎が、ライターの出火口から
噴水の様に落ちる。

ぽた、ぽた、ぽた。

すかさずBもライターをつけるが同じ現象。

 

725: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:53:21.35 ID:AKb+R2yE0.net

こんな現象は、当時も、そして今まで過ごした15年の間でもみたことがない。

炎が落ちる??

 

726: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 12:57:05.17 ID:ml2FkZD10.net

そこで宮廷理系の頭ですよ。

空気の密度や、酸素濃度色々とこじつけた挙句
「閉まり切っていた建物の奥の空気濃度の問題」
ということにしてさっさと出ました。

だって怖いもの。Aは笑ってて、Bは半分ひきつってました。

 

728: 本当にあった怖い名無し 2015/04/22(水) 13:04:20.85 ID:VMfzMrS50.net

建物から出て、相変わらずA,俺,Bの順番で走るように車に向かう。


ようやく車に乗り込み、急発進。
もう2度と来たくない、それが俺とBの感想。

ようやく走り屋がいる山道へ。光を見るとほっとする。

Aの提案で、この山の山中にある観光スポット(カップルオンリー)へ行くことに。

30分ほどして着いた安心の場所、人がたくさんいる。

カップルを冷やかしに外に出て、何気なくAを見ると
いつものように、ジッポでたばこを吸っている。。。

ジッポ、オイルなくなったんだよね?
オイル切れ以外ジッポ消えないよね?

駄文すみませんでした。

 

-奇妙な話, 怖い話
-, ,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2022 All Rights Reserved.