オカルト

【オカルト】喪男

51: 04/07/05 11:08 ID:RUkyFQ3Z

20140714b
 

あるところに一人の喪男がいた。

彼は勉強もスポーツもてんで駄目で
趣味といえばゲームくらい、自然と服装もオタ風で、もちろん年齢=彼女いない暦だった。

人生をただ無駄に浪費していたそんな彼がある日喪男版と出会った。
衝撃が体中に走った。
そこには同じナヤミを持った喪男達が全国から集まっていた。
「なんだ、俺一人じゃないじゃん…」
今まで悩んでいたのが馬鹿らしくなってきた。

それからしばらく経ち、彼にはコンプレックスなど疾うに消えうせていた。
喪男版にいるうちに自分はそんなに不細工ではないんじゃないか?
という気持ちが身をもたげ始め、終には自分はかっこいいとまで思えるようになっていた。

52: 04/07/05 11:08 ID:RUkyFQ3Z
そこで彼は自分の顔写真をうpしてみた。
すると返ってくるのは『イケメンじゃん』とか『イケメンは帰れ』などの
レスばかり。
もう彼の自信はゆるぎないものとなった。
喪男版の本当の恐怖を知らないまま…

次の日の朝、彼はいつもよりはやく家を出た。
世界が違って見えた。足取りも軽やかだった。
すると目の前をクラスの女の子が歩いているのが見えた。
「ようし、ここは爽やかにおはようのあいさつだ」
彼は突然の挨拶に少し戸惑いながらも『お、おはようっっ』と返事をするその子を
想像した。それは普通ならごく当然のことだった。

そして彼は少し小走りし始めながら彼女との距離を詰めていった。
すこし心臓がドキドキしてきた。
「なに、簡単なことさ」と言い聞かせ、咽喉にタンが絡まないよう軽くせきばらいをした。
少し彼女にも聞こえるように。

53: 04/07/05 11:09 ID:RUkyFQ3Z
「おっおはよう」
彼はすれ違い様できる限りの爽やかな笑顔をつくり声をかけた。
すると

『ギャーッ!!キモイッ!!!』

女の子は顔を引きつらせながら逃げてしまった。
彼は最初、何が起こったか飲み込めなかった。というより信じたくなかった。
彼の悲劇の始まりは「喪男版でのイケメン認定は当然のように、半分冗談である」ことを
知らなかったことから始まった。
「そんな、僕がきもい?そんなはずは無いよ…
だって僕はイケメンなんだもの…ふふふふうふ
僕はいけめんいけめめめんいけめめえええええええええええぇぇぇェェェ.....

彼はそれ以来行方不明である。
でも確かなのは、
この話を聞いた人のところに彼は必ずやって来るということ。
もし本当に来たら
『イケメン、イケメン、イケメン』と三回唱えれば助かるとか。
絶対に彼のことをキモイと言ってはいけません。
たとえ彼がすでに人間の顔を失っていたとしても。
決して自分のことをキモイという人間は生かしておかないのです

●この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます


【バブル到来】俺の月収が400万超えたんだけど何か質問ある?

【不気味な話】家族で晩飯を食べていたら・・・

【不気味な話】お稲荷さんのところに立つ女

【気味の悪い話】先輩が泊まりにきたんだが・・・

【その後が気になる話】怪しいバイト

【不気味な話】壁の向こうの話し声

【怖い話】査定に来た不動産屋の青年

【怖い話】かんのけ坂

【怖い話】家の中に落ちている生肉

【悲報】自宅警備員の解雇通達がきたんだがwwwwwwww

【ゾッとする話】病院の夜勤で・・・

【オカルト】ホントにやばい幽霊は・・・

【閲覧注意】いじめられっ子の復讐 -サンドイッチをカツアゲしたら・・・

【ゾッとする話】友人の彼女にイタ電した結果・・・

【オカルト】「よびかた」が書かれたノート

【ゾッとする話】消えた「トンじい」

【オカルト】ホントにやばい幽霊は・・・

【恐怖体験談】心霊スポットに行った友人が帰ってきたんだけど・・・

【冷や汗の出る話】日曜に居間でまったりしていたら・・・

【不思議な話】交通事故が多発する交差点で・・・

【怖い話】釣り好きの上司から聞いた話

★「2ちゃんねるこわーい話まとめ」のFacebookページができました!
下記アイコン先から「いいね!」を押すといつでもFacebookから当サイトの最新記事や鉄板の怖い話がチェックできるようになりますので、怖い話好きな方は是非「いいね!」をお願いします!
↓↓
 

-オカルト

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2022 All Rights Reserved.