怖い話

【恐怖体験談】山の穴【PART1】

489: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 18:34:06 ID:BZiX2XvS0

森のトンネル

時期的にちょうどこれぐらいの時期で 十年以上経つので私の話を投稿します。
小学生の時に兄と私と友人数人で 地域で有名な公園によく遊びに行ってました。



引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?226

489: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 18:34:06 ID:BZiX2XvS0
時期的にちょうどこれぐらいの時期で
十年以上経つので私の話を投稿します。
長くなるので短いのが好きな方はすみません。
スレ汚し失礼します。

小学生の時に兄と私と友人数人で
地域で有名な公園によく遊びに行ってました。
そこは他校と私たちの小学校の双方の
真ん中にあるので他校であろうと仲良く
一緒に遊んでいました。

ある夏休みの日。
近くにある市民プールに行って
帰り道にその公園でそれぞれ親に作って
もらったお昼を食べて、他校の学生も
数人あつまり始めてきたところで
彼らとともに探検ごっこをすることになりました。

その公園の真ん中には川が通っており
その奥は鬱蒼とした森となっています。
川と言っても、横幅はあるのですが、水はあまり流れて折らず
足元がぬれても構わないなら渡れるぐらいの深さです。
その森を真っ直ぐ上って行くと山に入るのですが、
山の少し前に高速道路が通っている為
山と公園をつなぐ森の中にトンネルのような空間が
出来ているのです。つまり上に高速道路が通っている為
そこだけ空が見えず真っ暗になっているのです。
そこを私達は「山の穴」と呼んでいました。

490: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 18:35:38 ID:BZiX2XvS0
とりあえずはそこまで川を挟んで二手に別れ、
上っていこうということになりました。
私は兄と友人(女の子)と他校のA君B君と一緒に、
他の友人達は他校の人たちとそこへ向かいます。

そこから私達は森を突っ切り、山の穴を目指して
歩き出します。少し歩くと川の幅が大きくなりだし
さらに進むと向こう側の友人達は小さくしか見えなくなります。

そこからケモノ道に入り出し、木々も増え始めます。
彼らも同じように森に入る為、互いの姿は確認
出来なくなりあとは山の穴を目指すのみ。

A君やB君とも仲良く話しながら私達は山の穴に
到着することができました。
少し遅れて反対側から声が聞こえます。

「お~い、着いたかぁ?」と山の穴に響いてきます。
「こっちはだいぶ前からいるぞぉ~!」と返します。

「お~い、一人そっちに行くからな~」と誰かが伝えてきます。

少し待っても誰も来る気配はありません。
「だれもこないぞー」と更に返します。
相手からはうんともすんとも返事がありません。

「お~い、誰もこないぞー!!」と更に大きな声で言います。
返事はありません。

491: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 18:37:32 ID:BZiX2XvS0
上からはゴォー、ガタン、ゴォーと車が通る音が聞こえてきます。
「お~い、なんか言えよー、聞こえないぞー」と兄が叫びます。
その瞬間にゴトン。ドオオオンと音がします。
山の穴にその音が反響されて更に大きくガーーーン。ボーンと音がします。

私達は無言になり、不安でいっぱいになってきました。
どうする、もどろうか。とA君が言い、
兄も友人もそうしようと言うので私とB君はそれに従い
今来た道を戻り始めました。

山の穴の上から煙が出ています。上で何があったのか。
私達は特に気にせず、戻ります。

ケモノ道を再度戻っている最中に後ろから
「お~い、こっちにいかないのかー?」と声が聞こえたので
あれ?友人達は川を渡ってこっち側に着ていたのか。
と振り返り、山の穴に向かい声を掛けたのです。
「さっきから誰も返事せんから戻ってたぁ」と。

「お~い、遅いぞぉー」と、早く山の穴に戻って来いと
急かす様に何度も大声で言ってくるので
私たちは走りながら戻りました。
山の穴の上、高速道路の側面の壁から糸(大きさ的にはロープと
思って頂いていいぐらいの大きさですが何故か糸としか思えないのです)
が垂れてます。
4本の糸が垂れておりその下の端に白い旗の様な物がヒラヒラと揺れていました。
道路の壁の向こう側からはヒューヒューと風の音が聞こえ、同時に
「お~い、さっきも二人そっちにいったぞー」
と山の穴の奥から声が聞こえてきました。

492: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 18:39:07 ID:BZiX2XvS0
見ると、B君は震えています。私は兄のシャツをギュっと掴んでました。
糸がスーっと垂れて下にゆっくり落ちてくるように見えるのです。
その糸の端で白い旗がユラユラゆれてます。

兄が後ずさりしはじめ、
A君は歩みを止めて旗の下のヒラヒラを睨み付けます。

「お~い、おくにいかないのかー」と山の穴から声が聞こえてビクッとなる私達。
来ないのか、では無く更に奥に、いかないのかと。私達を呼びます。
一緒にいた友人が叫び、
 「だああれええ?みんなそっちにいるのお?」と問いかけるものの

山の穴からは風が吹き抜けるのみ。
降りてきている糸がユラユラとぼやけて先ほどより太くみえます。
ユラユラしていた旗が膨れて丸みを帯びてるように見えます。
4本の糸の内1本が壁をシャクトリムシの様に這い上がっていきます。
他の3本はゆっくり下に落ちてきます。
クネクネ、フラフラしながら。

「おい、こっちぃこい」と凄く近くから声が聞こえたのですが、変な事に
真上から声が聞こえてくるのです。聞いたこともない女の人の声でした。

それを聞いたB君は逃げ出しました。
私は逃げていくB君の背中を眺めたまま
どうすればいいか混乱して立ち尽くしてしまいました。

493: 本当にあった怖い名無し 2009/09/02(水) 18:41:30 ID:BZiX2XvS0
怖くて兄を見たとき、
兄とA君が糸に絡まってみえました。
友人は必死に兄を何かか守るように引っ張っていました。
それをみて私は逃げだそうとしました。
だけど、兄が何かに連れて行かれる気がして、
数歩走った後に振り返りました。

振り返るとそこには兄の顔が逆立ちの様に上下逆で目の前に。

聞いたことも無い様な声で
「ギャアアギャアギャアア」と叫んでいます。
私はその場で腰を落としてしまいました。
兄は吊られた状態なのか体が逆さまだったのです。

B君は振り返らずに一目散に逃げて行きました。
友人は必死に兄の名を呼んでいます。

A君はいつの間にか居なくなってしまいました。
私は神様、お母さん助けてと心で祈るのみで
何もできません。

少し前の方では、友人が兄の体に巻きついた糸を必死で千切ろうとして居ます。

そこで兄が二人居ることに気づきます。

「ギャアアアアギャアアアアア」と叫ぶ糸から垂れてる兄と
「この離せ!!」と友人と必死で糸を引き千切ってる兄です。

お前らが体験した人に言っても信じてもらえない実話ってある?
【閲覧注意】2ちゃんねるの怖い話教えて
【洒落怖】竹林で・・・
【有名な怖い話】八尺様
【有名な怖い話】鹿島さん
【心霊体験】山にまつわる怖い話 -西瓜-
【閲覧注意】いじめられっ子の復讐 -サンドイッチをカツアゲしたら・・・-
【洒落怖まとめ】中学で好きだった子がレイプの末、自殺してしまったんだが
【オススメ記事】カーテンの向こう側には・・・【2chの怖い話】
【洒落怖】実家に帰省した時の話。←オススメ記事

-怖い話

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2021 All Rights Reserved.