【奇妙な話】お爺ちゃんが無くなる前に起きた奇妙な出来事の数々

0

少し名のある俳優の孫ってんで結構もてはやされたしそれなりに豊かな生活もしてた。
実家は今もそれなりに裕福ではあるけど、俺自身は独り立ちしてしがないサラリーマン生活してるけどね。

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

167: 本当にあった怖い名無し 2016/03/02(水) 12:40:12.57 ID:Ddu9pp5Z0.net

少し名のある俳優の孫ってんで結構もてはやされたしそれなりに豊かな生活もしてた。
実家は今もそれなりに裕福ではあるけど、俺自身は独り立ちしてしがないサラリーマン生活してるけどね。
 
それはいいとしてその爺ちゃんが亡くなる一週間前くらいから変なことが起こりまくった。
まず、母親が死んだ母親(自分からみた婆ちゃん)を見た。
姉が子供が二階を駆け廻ってるような音が何度も聞いた。
 
いつの間にか庭に知らない男性が立っていて庭の木をしげしげと眺めてから何も言わずに去ってった。
家族で昔の爺ちゃんの姿で庭越しに塀の外を歩いてるのを見た。
その時、爺ちゃんもその場にいて驚いてたらしい。
 
自分はすでに一人暮らししてたんでその場は見てなかったが、多分その頃だったと思うが知らない男性が自分の部屋を訪ねてきて電話を貸してくれと言ったので丁重に断った。
もしかしたら若い頃の爺ちゃんだったのかもしれない。
 
そして、極めつけが爺ちゃんが倒れたって言うんで駆けつけた深夜の病院で聞いてた病室がわからずウロウロしてた。
見知らない十数人の黒服の男女が泣いてるのを開いてる病室の扉から見えたんでどなたか亡くなったのかなと思って素通りした。
 
そしたらすぐに背後から呼びかけられて、見たら母親だった。
病室に入ると先ほど見えた集団はおらず両親と姉夫婦と近くに住んでる親戚の夫婦だけ。
誰も泣いてはいない。
 
その後も誰も入れてないお茶がいつの間にか居間に置かれてたとか起きたらゴミ箱が転がっててゴミが散乱してたとか細かい異変はいくつかあったけど・・・
その3日後で爺ちゃんが死んだと同時にぱったりと変なことは起こらなくなった。
 
昭和に活躍した俳優の葬儀は家族葬で寂しく、新聞に少し載るだけだった。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    ここで長文って書いてあるのはいつも短いな

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。