奇妙な話

【奇妙な話】部屋に置いてあった掛け時計

50: 本当にあった怖い名無し

ある日の夜、娘が

154

50: 本当にあった怖い名無し

ある日の夜、娘が
「お母さ~ん、また時計がすすんでるよぉ」
と、言うのです。またって?と思い、妻に尋ねてみると
最近、娘の部屋の掛け時計や目覚まし時計の調子が悪い、
みんな毎日1分ずつすすむ(狂う)というのです。
3日前は一日に1分、2日前には2分、そして今日は3分すすんでいたと。
掛け時計は私の実家にあった古い時計でした。
(一応アラーム機能は付いて、きれいな鐘の音でしたが
アラームは使っていませんでした)
電池を換えても同じだったので、娘が”また”と言ったのでしょう。
毎日時計が狂うのは、まあ古いからだと思いましたが
みんな1日1分ずつ増えていくのは不思議に思いました。

それから6日後、とうとう1日に9分も進むようになりました。
もう使えないということで新しい時計を購入し、
古い時計は廃棄しようと思い、とりあえずごみの日まで
私たちの寝室に置いておくことにしました。

 

51: 本当にあった怖い名無し

次の日の早朝、私は綺麗な鐘の音で目を覚ましました。
何か聞き覚えがある…懐かしい音…
そのとき突然ベットがすごく跳ね上がりました!
地震です。寝ていてても跳ね上がるようなすごい地震です。
娘が和室で寝ている!妻と慌てて床を這うように部屋を出ました。
すると廊下は何事も無く、しーんとしています。
地震がおさまったのかと、ふと今出てきた部屋を見るとベッドが
大きな音をたて跳ねています。
一瞬なにがおきたのかわからなくなりましたが
娘が心配になり、和室へ急ぐとまだ娘はぐっすりと寝ていました。

何がおきたのか、もしかしたら車でも突っ込んできたのかと思い
部屋に戻りましたが、部屋はメチャメチャに荒れていて、
窓際まで行くことが出来ません。
娘も私たちの足音や声で起きてきました。
私は車が突っ込んできたのなら家の中は危ない(ガソリンでも漏れていたら)と
思い、皆に着替えをさせ、皆で外へ出てみました。
玄関を出て家の前の通りから、私たちの部屋を見ました。
すると、何もおきていません。車がぶつかった様な跡もありません。

 

52: 本当にあった怖い名無し

なんだったんだ、今までのは。夢でも見てたのか…でも部屋は…
そう思った瞬間です。地をつき上げるような猛烈な揺れが来たのは。
私たちは立っていることも出来ず、地面に手をついて私たちの
マンションを見ました。
そのとき、一階部分が押しつぶされたのです。
もちろん私たちの部屋も両隣もその隣も…
一瞬でした。音も無かったような気がします。
阪神大震災でした。

あの日、私たちのマンション一階部分で助かったのは私たちだけでした。
後日同じマンションの住人(3階に住んでた)だった友人に、
なぜあの時間外にいたのか聞かれました。
たまたま散歩に出かけたと言っておきました。
本当のことを言っても信じてもらえないでしょうから…

ただ、あの時計はまだ手元にあります。つぶれた部屋の隙間から
庭に転がり落ちていました。
もう電池を入れても動きませんが、またあの鐘の音が聞こえないか心配です。

 

-奇妙な話
-, ,

Copyright© 2ちゃんねるのこわーい話まとめ|怖い話・都市伝説まとめ , 2020 All Rights Reserved.