【不思議な話】行き止まりのはずの三叉路なのだが

533: 本当にあった怖い名無し 2017/09/05(火) 09:42:32.38 ID:

A県の某市には、一見何の変哲もない三叉路が設けられている区画がある。
ところがこの三叉路、時折不可解な現象が起きるらしい。

三叉路は、傍から見ても特に不思議な様子はない。

 

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

 

 

534: 本当にあった怖い名無し 2017/09/05(火) 22:05:14.78 ID:

2つの道はそのまま別の通りに抜けることが可能で、近隣住民もよく利用している。
そして、残る1つの道は、三叉路に差し掛かる前に、数メートル進めば行き止まりであるということが夜道でも確認できる。

 

 

535: 本当にあった怖い名無し 2017/09/06(水) 01:48:41.15 ID:

当然、すぐにバックしなくてはならないので、この道を利用する者はいない。

しかしおかしなもので、近所の住民はこれまでに何度も、この三叉路の行き止まりの道を、スピードを緩めずに走り抜けようとする車を見ているのだ。

 

536: 本当にあった怖い名無し 2017/09/06(水) 03:59:25.70 ID:

目撃者らはその都度「あ、ぶつかる!」と緊張するが、何故か激突音なんて聞こえてこない。

慌てて外に出て確認しても、件の三叉路には何の異常もなく、ここに入ったはずの車の影すらないというのである。

 

537: 本当にあった怖い名無し 2017/09/06(水) 09:10:03.36 ID:

この現象が発生するのは、決まって深夜帯。
もしかすると、住民が度々目撃している車両は、この世のものではないのかも知れない。

もしかしたら真夜中に限って、この三叉路の行き止まりのはずの道は、全く別の場所へのゲートの役割を果たしているのかも知れない。

その場合、誤ってゲートに入ってしまった車とドライバーは、一体どうなってしまうのだろうか。



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。