2016-04-22_102047

大学二回生の夏だった。俺は凶悪な日差しが照りつける中を歩いて学食に向かっていた。

(さらに…)