1: 本当にあった怖い名無し 2015/12/20(日)13:24:53 ID:IfV

バラバラの手、切断された腕、割れた頭蓋骨。6,000年前の仏ベルクハイムの
丸い墓穴からこんなものが出てきました。

この種の丸い墓穴は、中部・西部ヨーロッパの6,500年前から5,500年前の新石器時代の
遺跡ではよく見られるものですが、これだけ残虐なものは稀なのだとか。

墓は深さ2mあります。右上の写真では人体別に色分けしていますが、
ご覧のように斧で切り落とされた左腕複数と手の骨の残骸の山の上に、
丸1体揃っている人骨(男性2体、女性1体、子ども4体)が散らばってます。

掘り起こした考古学者たちは、上の人骨は奇襲で殺された被害者ではないかと見ています。
下の骨の山の出元はよくわかっていません。

続き ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2015/12/what-6000yr-old-skeletons-tell-us.html
no title

(さらに…)