【恐怖体験談】怖いもの知らずの俺が心霊スポットに行った話

20160917c

オカルト好きで怖いもの知らずの俺が、心霊スポットに行った話だ。

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

282: 本当にあった怖い名無し 2016/09/13(火) 21:26:54.85 ID:bg560IN00.net

オカルト好きで怖いもの知らずの俺が、心霊スポットに行った話だ。

場所は住宅街。バブル崩壊後空家になった所だ。
何度か買い手が付き、人は住んだみたいだが理由は解らないがすぐ売りに出される物件だ。
地元では、「出る」と言われるようになった。
ただ、「男」とか「女」とか「子ども」とか「年寄り」とかの「出るモノ」の情報は様々だった。
故に、なめた俺が行く事にしたのだ。

その日、俺(霊感ゼロ)と、般ピーの友達(普通の人)と、霊感バリバリ男の3人で行く事にした。
場所までは、タクシーを使う事にして終わるまで待機してもらう事にした。これは、オカルト話で
よく見る、帰りにエンジンかからずとか、変な方向に行くのを防ぐためだ。

深夜2時、予定通り3人でタクシーにて現着。
ここで、霊感バリ男が、「ここマジやばいからやめよ!!!」発言(-.-)
被せて、関係ないタクシー運ちゃんが「ここ、うちらでも評判ですから辞めた方がいいですよ」発言。

オカルト好きで怖いもの知らずの俺は、これらの言葉で火がついた。
「行きたくない奴は、べつに行かなくていいよ!」

霊感バリ男は、タクシーで待つ。で、俺と般ピーの2人で行く事になった。

 

283: 本当にあった怖い名無し 2016/09/13(火) 21:29:35.92 ID:bg560IN00.net

玄関は施錠されてる。裏口(勝手口)も施錠されてる。(当然だわなw)
窓は?1箇所開いてた!台所であろう所の小窓だ。そこから入った。
懐中電灯片手に探索。が、そいつはすぐ来た!!!
低く長く篭った声で「うっあっ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
般ピーは、即反応!玄関ガチャガチャ!俺腰抜かし動けず!

男の蛇!?蛇男?階段の上から這うように青白い塊が降りてきて俺に向かってきた。
「グギャ〜〜〜〜〜〜」

意識を失った俺が目覚めたのは、病院のベッドだった。

経過を説明すると、霊感バリ男は叫び声を聞きそのまま一旦離れた。
住宅街であるゆえ、住民に通報され警察登場。般ピーは、玄関からは出れて外で失神中を
発見され起こされ事情聴取。後に、俺は2階の押入れの中で発見されたらしい。

病院のベッドの横には、警察官と両親。「住居不法侵入」でこぴっどく叱られた。
不動産屋から告訴されたらなんたらかんたらを説教。
1日で退院したが、霊感バリ男に連れ去られ、辺鄙な山の一軒家で2週間監禁。
なんか、やばいモノが憑いているからとの事で、食事も含め修行みたいな生活を
させられる。67?の体重が10?落ちた。

やっと、家に戻れたから今書き込みした。

教訓!
「心霊スポット探索」=「住居不法侵入」になる事を忘れずに。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    あたりまえじゃ!ドアホ!うちの三才のガキでも解るわ

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。