【恐怖体験談】林道で・・・

732: 本当にあった怖い名無し 2008/12/27(土) 11:03:34 ID:+UlLlOF40

去年の冬に体験した事です。
丁度会社も冬季休業(一週間程)で実家に帰ったときの話です。
すごく不気味で恐ろしいことを体験しました。

20160331a

 

 

 

 

 

 

 

 

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

その日は大雪で、周りの景色も真っ白でどこになにがあるか
分からず、タイヤ痕を頼りに走るしかありませんでした。
視界は10Mくらい先が限界でしたが、無事着く事ができました。
実家のすぐそばには昔から林道があるのですが、家に着くなり
父に「トラック貸すから林道から木取ってきてくれ」と頼まれ、
しぶしぶ行くことに。
ちなみにトラックも古くて不気味な顔です。
視界の悪い中、ゆっくりと車を走らせ、ようやく林道の入口に
着くと門が閉められており、鍵を開けていると「コォー」?という
感じの音が聞こえたのですが、当時は風の影響だと何も
思わなかったのですが、今思うとあの音は何か警告だったの
かもしれないと思います。
そして林道の中腹くらいに来ると、鎖がしてあるのですが、
(木材の盗難防止)その鎖を開けていると突然トラックが
エンストしました。
まぁ古いトラックだから仕方ないかと思い、いろいろと吹雪の中、
1時間ぐらい試行錯誤し、ようやく掛かりました。
異常な箇所は見つからず、突然掛かりだしたのです。
エンストしたのはこれが初めてだそうで、何とも不思議な現象です。
さらに登ると、突然吹雪の隙間から一瞬人影のようなものが
見えてきました。

 

733: 本当にあった怖い名無し 2008/12/27(土) 11:24:32 ID:+UlLlOF40

続きです。

一旦車を停め、車内から観察すると、何やら怪しげな白系の
着物っぽいものを着た髪の長い純日本風の女の人が
林道脇の小さい川に向かって立っていました。
そん時は「道にでも迷ったか自殺か??」と思って
もし自殺しようとしているのだったら大変だから急いで
その人の方へ向かいました。
すると突然見えなくなり、どこ行ったかと思うと、その人が
いきなり車の前に立っているではありませんか!!
もうマジでビビって急停車させて窓開けて「何やってるんですか
こんな所で!私有地ですよ!勝手に入っちゃダメです!」と言うと
その人は
その人はものすごく小さい声で「助けて・・」と言っていたと
思います。そう言うと、突然四方八方から「ウェァアアアァーー!」
というもの凄い苦しそうなうめき声が聞こえて突然消えたのです。
そん時は恐ろしくてたまらなかったのですが、(何せあらゆる
方向から恐ろしい声が聞こえてくるんですよ!?)何とか任務(笑)
を完了させ、猛スピードで車を走らせ、家に帰ろうとし時です。
何かに引っかかったんかな。前輪がガーン!という音と共に
浮いて横にのけぞるようにして横転しました。
頭をひどく打って、車内から出て、意識がもうろうとする中、
必至で家へ向かいました。
死ぬ思いで着いて、父にそのことを話すともう駐在さんやら
呼んで大騒ぎになりました・・

 

734: 本当にあった怖い名無し 2008/12/27(土) 11:38:46 ID:+UlLlOF40

その日は一応近くの診療所に行って頭に包帯を巻くだけで
すんだのですが、自分は知らなかったのですが、聞いた話だと
「女が・・女が・・」を繰り返してブルブル震えていたそうです。
よっぽど恐ろしかったんですね。今じゃそこまでは怖くありません。

その日はもう夕方で、トラックの処理作業も十分な機材がないため、
翌日する事になりました。
そして翌日、近所の神社の神主さんを呼んで、お祓いとか
供養することになりました。
その神主さんは霊能力者みたいですごい人で、あの人が
何だったのかすぐにわかったそうです。聞くとどうやらあの
林道で昔締め殺された人だそうです。
供養を済ませ、次はトラックの片づけに行きました。
あの横転の原因は神主さんが何かを察知したようで、
神主さんが言うには霊が道連れにしようとしてあのような事を
したそうです・・
いやー、恐ろしかったですね。もしあそこで守護霊がいなければ
死んでいたみたいです。

あれ以来、もうあの人は現れませんが、林道に上るときは
必ずお供え物を持っていくようにしています。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    つまらないお話w

  2. ロジャー より:

    あんたのオヤジが悪いな

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。