【不思議な話】幼稚園の運動会で・・・

43: 本当にあった怖い名無し 2010/06/21(月) 02:13:08 ID:BGKWdhZO0

大した話じゃないけど、私の初めての不思議体験を一つ。
あれはいったいなんだったのか。

20150928a

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

私が幼稚園児だった時の話。小さい子の運動会って
親と一緒にやるような競技ってあるよね。
私のとこもそんな競技があった。
親と子供が2人1組になって、親が目隠ししてる間にいっぱいに
並べられた段ボールのなかに子供が隠れる。
で、みんな隠れたらよーいドンで親が段ボールひっくりかえして
自分の子を探してゴールしてくようなやつ。
リレー方式じゃなくて、親が子供全員を見つけ終わるまで
次の組はスタートしないルールだった。
私は父と前の親子組が結構苦戦しているのを見ていたから、
入る段ボール決めとこうって話になった。

父「どれがいい?」
私「あの猫の絵がついてるのがいい!」
父「じゃあ、誰かに取られないように1番にいくんだぞ」

そんな話をしながらいよいよ私たちの組の番になった。
私は誰かに取られちゃいけないと思ってその猫の段ボールを
じっとみてた。
それで、先生が「はい、隠れてー」って言ったと同時に
それめがけて走っていった。おかげで誰よりも早くその段ボール
についた。
私はやった!と思ってさっそく隠れようとその段ボールを開けた。

すると、中に先客と目が合った。中に私と同じくらいの子がいた。
その子は開いた段ボールから何も言わないでじっと私を見ていた。
私が競技が始まる前からずっとその段ボール見てた間、
誰も入って行かなかったのに。

 

 

44: 本当にあった怖い名無し 2010/06/21(月) 02:15:50 ID:BGKWdhZO0

上の続き。連投&長くてすまない。

しかし、私はその頃から頭が足りていなかったらしく、
すぐにおかしいと思えなかった。
ただ先生から言われてた、「先に入っていた友達がいたら
喧嘩しないでほかのやつにしましょう」ってことを思い出した。
だから、私が先だったのに!と思いながらも他の段ボールに
隠れることにして、その箱を閉めた。
最後までその子は何も言わなかった。

結局、打ち合わせと違う段ボールに入ったせいか、なかなか
見つけてもらえずビリになった。
父「なんであの猫のやつにしなかったんだ」
私「だって、ほかの子がいたんだもん。私が一番に着いたのに」
父「は?…誰も入ってなかったぞ」
私「いたよー。先に見つかってゴールしたんだよ」
父「…俺が一番に見に行ったが、いなかった!もうこの話は
しないぞ。次からはお母さんにでてもらえ」

急に怒ったように言い出す父に小さい頃の私は訳が
わからなかった。
ただ見た目はヤ○ザだが、いつもやさしい父の急変ぶりに
母や姉にどうしたのと聞かれても、話したらいけないのかと
思って話さなかった。だから、この話は私と父しか知らない。

父はこう言った話が苦手だし、私たち子供に対しては
「俺」なんて使ったことないし相当ビビッていたと思われるwww

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    あの事故がなければ普通に入園して普通にお友達になれたのに・・・

  2. 怖い話の名無しさん より:

    本当可哀想な子

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。