【怖いけど悲しい話】お茶

108: 本当にあった怖い名無し 2015/03/04(水) 23:21:20.60 ID:g2NYB9rY0

子供心にも妙に覚えてる昔話をひとつ

20150308a

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

俺の住んでいた田舎で炭鉱事故が起こり、7,8人が鉱内に
生き埋めになった
その中に、うちの近所のオバサンの20代の息子も含まれており
オバサンは毎日現場に行って、半狂乱で早く助けて助けてと泣き騒いでいたが
4日目に憑き物が落ちたように大人しくなって、
「息子は亡くなった」と言い出した
不思議に思ったうちの家族がわけを聞くと、オバサンは
「事故が起きた翌朝から仏壇に上げるお茶に泡が立つようになり
それがどうしても息子の苦しい息に思えて仕方がなかった
でも、今朝は泡が立たなかったので、息子は息絶えたのだと思う」と答えたそうだ
それから数日後、オバサンの息子は遺体で回収された

 

 

スポンサードリンク


★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。