» 都市伝説


  • 定番の怖い話

    2015年怖い話

    都道府県別怖い話

    都市伝説

    【2ちゃんねるの怖い話】浮遊霊様っていう遊びにハマっていた

    102:  2009/09/13(日) 02:32:11 ID:wrOFdkJNO
     20100826210818aa0
    もうだいぶ昔、浮遊霊様っていう遊びにハマっていた時期がある。要はコックリさんの類。 
    名前なんて何でも良かったし、コックリさんをやっても、どうせ近寄ってくるのはそこら辺の浮遊霊という話で、誰かが悪ノリして付けた名前だったと思う。 
    ただ、10円玉で試みて全く動かなかったことが度々あって、エンジェル様だかキューピット様のようにシャープペンを使ってやっていた。これが面白いように動く。 

    (さらに…)

    続きを読む

    【都市伝説】ダイヤル式の赤電話を使う都市伝説ってあった??

    231: 本当にあった怖い名無し 2007/03/03(土) 02:45:41 ID:bfs2SkuE0
    436706319111ba2e7733e1964b93a48e 

    15年位前、夕暮れ時、高1の友人から突然電話がかかってきた。
    「近所にダイヤル式赤電話ない?」って電話。
    そのころ丁度赤電話とプッシュホンタイプの緑の公衆電話への入れ替えが行われてて、
    赤電話が一気に減ってた時期。

    (さらに…)

    続きを読む

    【都市伝説】紫鏡の都市伝説の元になった東京都八王子市での話

    457: 本当にあった怖い名無し 2007/04/27(金) 14:22:15 ID:MwHooW6A0
    10031413850_s
    みなさん「紫鏡」と言う言葉をご存じでしょうか。
    この言葉を知っている人は、二十歳の誕生日迄に忘れてしまわないと、鏡の世界に引き込まれ死んでしまうと言う話です。
    この話の発端となるのは私が小学3年生の時の担任の先生が住んでいた東京都八王子市にあると聞きました。

     

    (さらに…)

    続きを読む

    【都市伝説?】中学の通学路にウエディングドレス姿の女がいた。

    601: 本当にあった怖い名無し 2007/05/01(火) 18:44:39 ID:ltdlVNjP0
    o0500075012117325096 

    中学の頃、塾の帰り道の話です。
    塾が終わる時間が大体夜10時過ぎでした。川沿いの土手上のサイクリングコースは
    人けもなく周りに民家もない夜はちょっと怖い道なのですが、近道なのでそこを通ってました。

     

    (さらに…)

    続きを読む

    【都市伝説】日光東照宮のもうひとつの三猿「みざる、いわざる、おささる」の謎

    23: 本当にあった怖い名無し 2007/04/21(土) 03:52:00 ID:DexkWZ/K0
    img_409040_9476845_0
    日光東照宮神厩舎は、厩舎を囲む八枚の猿の浮彫で有名であり、
    中でも、「みざる、いわざる、きかざる」の「三猿」の木彫が名高い。
    しかし、厩舎内の北面に彫られたもうひとつの「三猿」、
    「みざる、いわざる、おささる(をささる)」
    の彫像については、一部の社殿関係者が知るのみで、
    一般にはほとんど知られておらず、また公開もされていない。

     

    (さらに…)

    続きを読む

    【都市伝説?】田植えのあとに土手で熟睡していたら・・・

    767: 754-763の書き直し 1/2 2007/05/16(水) 21:44:45 ID:oIHBXyJ40
    img_99581_3269133_0 

     これは、職場の古株から聞いた話で、30年前にある農村で起きた実話です。
    当時Aさんは二十歳。丁度五月の気候のいい季節で、家族や親戚で
    田植えに精をだしていました。土手で一服して昼食を食べた後、
    Aさんは程よい疲労感に包まれ、心地いい風が吹く中で、いつのまにか
    熟睡していたそうです。
    …彼女に迫っているものの気配に気付かないほどにぐっすりと。

    (さらに…)

    続きを読む

    【アメリカの都市伝説】「ハイウェーの殺人鬼」

    74: 殺人鬼 2007/08/22(水) 12:26:54 ID:cChtL3MJ0
    p1020733オーストラリアの大学に留学していたK子さんは、夏休みを叔父の家で
    過そうとハイウェーを車でとばしていた。
    途中で運悪くタイヤがパンクしてしまった為、車を脇に止めてタイヤ
    交換を始めようとしたK子さんは、しばらく車を走らせながら辺りに
    細心の注意を払っていた。

    (さらに…)

    続きを読む