【ゾッとする話】渡ればよかったのに

679: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06 16:41:51 ID:t4x71m0p0

20140313c
 

オカルト雑誌の心霊スポット紹介に載っていたある吊橋に
2人で行った時の話

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?231

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

深夜にその吊橋に到着すると梅雨明けの時期もあってか、かなり濃い霧に
吊橋全体が覆われていた
とりあえず手前に車を止め、吊橋を徒歩で渡る予定だったので車を降りることに

しかし、運転をしていた先輩が吊橋を見つめながら一向に降りてこない
先輩「なんだか気持ち悪い。…怖い。わりぃ、今回はここで待ってるわ。」
何度かこの2人で心霊スポットを巡っていたのだが先輩がこんなに怖がるのは初めてだ

俺「え?一人でここで待つの?ww一人行動は止めときましょうってww」
先輩「…いや、待つわ。」
俺「…はい、行ってきます」(あみんの歌が頭によぎる)
俺は先輩を置いていくことに

俺は吊橋まで歩いていく

後ろを見ると霧に吸い込まれていく先輩の乗った車
別の世界に進んで行くみたいで車が遠く感じた
先輩も同じようなことを思いながら俺を見ているのだろうか

そんなことを思いながら歩を進めていたその時

先輩の乗った車から激しいパッシングとクラクションが

え?wなに??ちょww

俺は先輩の身に何かあったのかと思い急いで車に戻る

680: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06 16:49:55 ID:t4x71m0p0
先輩「車に乗れ!」
俺「???」
先輩「いいから乗れ!」

俺は理由もわからず、車に乗り込む
すると先輩は直ぐと吊橋から背を向け逃げるように車を走らせた

俺「先輩、なんすか今の?ビビったじゃないですか」

俺はちょっと切れ気味で言う

先輩「さっきお前の奥、吊橋の手前に小さい女の子がいたのよ」
俺「ちょwwっうぇw」
先輩「深夜の山奥の吊橋に女の子はないよな…」
俺「…ですね。助かりました。」
先輩「いあ、なんか感じたんだけど。その女の子見たときさ。吊橋に来るなって
警告してるように感じて…
お前を助けたのはあの子だよ。」
俺「女の子って、どれくらいの子ですか?」
先輩「小学生低学年ぐらいかな。。感謝しないとな」
俺「感謝はしますけど、俺ロリコンじゃないっすよwww」
先輩「www」
俺「あのまま進んだらどうなってたんすかね。」
先輩「…わからん。」
俺&先輩「…」
その後、ロリコン発言で空気が変わるはずもなく車内は終止無言だった

先輩と別れ、家に着いたときにはもう朝の6時をまわっていた

681: 本当にあった怖い名無し 2009/11/06 16:57:03 ID:t4x71m0p0
次の日(といってもその日だが;)
先輩からの電話鳴った
先輩「もしもし?お前ダイジョブか?」
俺「全然なんともないっすよ」
先輩「…そうか。」
俺「? なにかあったんです?」
先輩「いあ、あれから直ぐに寝たんだけどさ。あの時と同じ状況の夢見て」
俺「女の子を見た時のですか?」
先輩「うん。女の子がやっぱりいて、それでお前を連れ戻そうとクラクションとか
パッシングとかするんだけど。」
俺「…はい。」
先輩「現実と違ってお前全然気づかずに吊橋に向かって歩いていくんよ」
俺「俺、どうなったんですか?(泣」

先輩「そこで目が覚めちゃって…」
俺「ええーwまぁ寝る直前の印象的な出来事ですから、同じような夢見ても
おかしくないっすよねー;;;」
先輩「それだけならいいけど…なにかの暗示かな…」
俺「エ…」
先輩「…」

沈黙が流れた
それが長かったようにも、短かったようにも思えた
沈黙を破ったのは俺の声でも先輩の声でもなかったのだ

それは電話の奥でかすかな声だが、それでいてはっきり伝わった
女の声である

「渡ればよかったのに」

その後先輩と俺は御祓いを受け、先輩も女の子を夢で見ることはないと言う。
もちろん現実でも。

★当サイトの最新情報&過去記事がいつでも知ることが出来る、「2ちゃんねるこわーい話まとめ」のアンドロイド版アプリが遂に完成しました!↓↓

【後味の悪い話】嫁の日記
【恐怖体験談】七不思議を試してみようとしたら・・・
【2chの怖い話】「時が止まる場所」←おすすめ記事
【怖い話】家の周りを散歩していたら・・・
【オカルト】留学先のホテルで知り合った神父
【ゾッとする話】妹の友達
【怖い話】「見える人」が部下だった時の話
【後味の悪い話】電話受信のバイトをしてたんだが・・・
【ゾッとする話】列に並んだままでいたら・・・
【2chの怖い話】「時が止まる場所」←おすすめ記事
【オカルト】動物霊をご存知だろうか
【怖い話】航空自衛隊の隊舎に住んでいた時の話
【ゾッとする話】霊感の強い同僚
【恐怖体験談】やさしいおっさん
【ゾッとする話】消えた「トンじい」

 

スポンサードリンク


★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 怖い話の名無しさん より:

    待つわ~、待つわ~
    いつまでも待つわ~
    たとえあなたが振り向いてくれなくても…

  2. 怖い話の名無しさん より:

    景色が吸い込まれくほど霧が濃いのに、先輩から幼女が見えたって事?

  3. 怖い話の名無しさん より:

    電話の女が その少女かどうかで全然怖さが違ってくるなw

  4. 怖い話の名無しさん より:

    ※2
    そう。よくあるじゃん。
    夜の海で溺れてる女を助けようとしたら、友達が「行くな!」って言って「見ろよ、なんで夜なのにあんなに顔がはっきり見えるんだよ!」
    って言われてその女を見直したらニヤッと笑って消えたって話とか。

  5. 怖い話の名無しさん より:

    先輩は千里眼でも持ってたんだろ

  6. 怖い話の名無しさん より:

    >もちろん現実でも。
    かなしいw

  7. 怖い話の名無しさん より:

    ※2
    そういうの、怪奇現象ではわりとあるもんだよ

  8. 怖い話の名無しさん より:

    先輩の「いあ、~」が気になって…
    文章自体は読みづらくないし、最初はタイプミスかと思ったんだが2回も出てきたから、この人実際に「いや」じゃなくて「いあ」だと思ってるんだろうな…と思って、話に集中できなかったw

  9. あみ より:

    は、はは…f(^_^;)怖い…あはは…f(^_^;)

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。