【不気味な話】ホテルに泊まるのが嫌になった出来事

29: 本当にあった怖い名無し 2013/09/23(月) 21:15:40.64 ID:E/t9yof50

20140109c
 

一昨日と昨日、用があって都内のホテルに泊まっていました。

引用元: 何でもいいから怖い話を集めてみない?Part4

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

一昨日の深夜二時頃、隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。
それぞれ色々と都合があるだろうし、さして気にもせず、音が聞こえる中、
その日は眠りにつきました。

そして昨日、都内での用事を全て済ませ、ホテルに戻りました。確か九時頃だったと思います。
部屋で夕食を摂っていると、また隣の部屋からシャワーの音が聞こえてきました。
それがいくら経っても鳴り止まないのです。まず三十分くらいで少し長いかな?と思いました。
しかしそれは序の口で、一時間経っても鳴り止みませんでした。一時間半経っても鳴り止まず、
二時間が経とうかという頃にようやく鳴り止みました。もう日付が変わっていました。

前の日に部屋を変えてもらわなかった事を少し後悔しましたが、
次の日(今日)は早く帰らなければいけなかったので、もう気にしても仕方ないと思い、
少し苛立ちを感じながら眠りました。

30: 本当にあった怖い名無し 2013/09/23(月) 21:17:02.89 ID:E/t9yof50
今日、シャワーの音で目が覚めました。また隣の部屋です。
その時隣にいる人は絶対におかしいと確信しました。昨日二時間近くもシャワーを浴びたのに、
次の日の早朝四時半にまたシャワーを浴びているのです。少しぞっとしました。

部屋に忘れ物がないかどうかの確認が終わった私は、五時頃部屋を出ました。
部屋のドアを閉めたその直後、隣の人の部屋のドアが開きました。

髪をビショビショに濡らし、背は普通でガッシリした体格の中年の女が立っていました。
そして目を思い切り見開き、何故か私のことを睨んでいるのです。
この時点で泣きそうなほど怖かったのですが、
その女がいつまでもそこに立っているため、廊下を通るに通れず、泣きそうな声で、
「すみません……」と言ったら、オーバーな手のアクションとやたらハッキリした声で
「どうぞ!!!」と言われました。
塗れた髪の毛と、見開かれた目と相俟って、ホラー以外の何物でもありませんでした。

そしてエレベーターを待っている間も、そこに立ち続け私の方をずっと見ているんです。
エレベーターが一階から六階へ上がって来る時間が物凄く長く感じられました。

エレベーターのドアが開いた時です。女が駆け寄ってきます。
あの女と二人で乗ったら絶対にいけない!と思いました。
防衛本能が働いた、とでも言いましょうか、私は階段を全速力で駆け下りていました。

女が後から追ってくる様子はありませんでしたが、フロントについた時には、
私は恐怖のあまり涙を流していました。フロントの方に不審に思われたかもしれません。

会計を済ませ、領収書を財布に納めた時、一階のエレベーターが開きました。

女が出てきました。怒ったような足取りで、フロントにキーも預けずに私を睨んで
ホテルの外へ出て行きました。
私もフロントの方も、何も言えなくなりました。

本当に怖かったですが、何も危害が加えられなかったことだけは良かったです。
トラウマになってしまい、今後ホテルに泊まりたくありません。

★当サイトの最新情報&過去記事がいつでも知ることが出来る、「2ちゃんねるこわーい話まとめ」のアンドロイド版アプリが遂に完成しました!↓↓

【怖い話】決して家の中に入れてくれない友人
【救いのない話】友人の心の中にある地獄
【恐怖体験談】変死した友人
【恐怖体験談】終電の車内で目撃したのは・・・
【恐怖体験談】深夜に尋常じゃない足音で階段を下りてくるヤツ
【怖い記憶】アサン様
【怖い話】祖母がイヤホンとか補聴器とかを付けるのを嫌がる理由
【オカルト】きじょさん
【恐怖体験談】ペンションが満室で貸別荘に泊まることになったが・・・
【恐怖体験談】あれ以来、二度と肝試しには行っていない
【恐怖体験談】手を振る人影の正体は・・・
【恐怖体験談】家族旅行でホテルに泊まったら・・・
【奇妙な話】木が生えている人が見える友人
【恐怖体験談】最終退室者にならないよう気をつけている俺
【オカルト】神職一家の次男から聞いた話

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. より:

    確かに隣に泊まってる人の素性なんか全然わからんもんね。

  2. 書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな より:

    書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな書くな

  3. とらうまさん より:

    何か言いたい事でも?くらい言ってやれば良かったんだよ。

  4. より:

    フロントに文句言えってなぁ

  5. 臨時傭兵 より:

    『じつは隣の部屋で昔自殺があって…』などという心霊話よりずっと怖い。

  6. 寝不足な名無しさん より:

    変な女と遭遇だなんて運が悪かったね

  7. 寝不足な名無しさん より:

    幽霊よりこえー

  8. 名無し より:

    出張で泊まったホテルの部屋が壁の鏡と浴室の洗面台に付いてる鏡で合わせ鏡になっていたのには面食らったわ
    その時ばかりはネカフェに泊まったほうが良かったと思ったんだよね

  9. 寝不足な名無しさん より:

    何がしたかったのだろう?
    その女

  10. 寝不足な名無しさん より:

    確かに幽霊よりよっぽどおっかないな
    その女もなにかしてきたわけじゃないから余計怖い

  11. 名無し より:

    よく分からないけど、修行とかかな?

  12. 名無し より:

    一体何したいんやろうなぁ~。
    シャワーの辺りは幽霊パターンかなって見てたけど、ドアを開けて女からは男か女か観察して、男と判った瞬間からストーカー化した?て感じやな。なかなか御目にかからない体験談やなぁ…

  13. 名無しさん より:

    シャワーオナしてたんじゃない?家だとガス代水道代気になって長時間できないし。
    んで身体が疼いてて早朝誰も起きてない時間と思ってたら隣のドアが開いたから誘惑してヤろうと思ったんでしょ

  14. 寝不足な名無しさん より:

    その隣の人にも自分じゃない異様なシャワー音が聞こえてたんでしょ。
    実際そこで長時間シャワーを浴びていたのは隣り合った二人ではないけどお互いがお互いを疑ってる状態だったんだね。

  15. 怖い話の名無しさん より:

    ↑何言ってんだ
    女は頭が濡れてたんだぞ?
    完全にシャワー浴びてるやん?
    何故睨んで来たのかは分からんが

  16. 怖い話の名無しさん より:

    生きてる人間が一番怖いんだよなあ…
    まあ隣の人はもしかしたら怪奇現象にでもあってたのか、この人の部屋で音がするのが不快だったのかは知らんが壁は薄かったと
    んで律儀にエレベーターで降りてくる女に笑った

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。