【恐怖体験談】クローゼットを開けると・・・

60: 本当にあった怖い名無し 2010/09/23(木) 09:21:24 ID:2+TL3Rqdi

20131201b

不動産ネタが投下されたので俺も。

俺は関東で不動産仲介業の営業やってるクソサラリーマンなんだが
焼身、首吊り、殺人があった物件も需要があれば紹介しなくちゃなんない。

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?250

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

会社としては事故物件自体取扱したくないんだけど、老衰も含めてしまえば
そんな物件多々ある。しょうがない。

全部慣れっこなんだけど唯一怖かったのがひとつ。

とある管理会社がもってきた物件なんだが、駅近で2DK 24000円。
まぁ当然ながら事故物件。内容は殺人。広告に載せるため新人を連れて部屋内の
写真を撮る事になりました。

まず管理してる不動産に鍵取りに行って内容を伺う。はしょるけど強姦殺人との事。

61: 本当にあった怖い名無し 2010/09/23(木) 09:22:31 ID:2+TL3Rqdi
で現場着いて撮影開始。オーブいっぱい当たり前。ウザいぐらい写るのでやや苦戦。
通常5~10分ぐらいで終わるのに。
部屋内を広く見せる為クローゼットを新人に開けさせた瞬間、旋律が走った。
ゆっくりと人が出て来た。でもそれは信じられない事に身長に2m以上の、天井頭が
当たるほどのワンピース姿の女。
瞬間凄い臭気が、何だこの臭い。魚の血の臭い。
新人が腰を抜かして悲鳴をあげる。見えてんだ。恐怖を感じながらも意識は朦朧とし
最後に見えたのは女が新人の顔を覗きこみ不気味な笑い声をあげてるシーン。
内臓まで響く笑い声の中全身に鳥肌が立ち寒気と恐怖の中俺は意識を失った。

携帯の鳴る音で意識を取り戻す。会社だ。
3時間も経って帰って来ないので上司からの電話だった。
あわてて説明にならない説明をするが信じてもらえず。
電話を切って新人を探すと部屋内のクローゼットの中で新人を発見。

62: 本当にあった怖い名無し 2010/09/23(木) 09:23:46 ID:2+TL3Rqdi
新人はバールを持った全身血だらけの男(普通サイズらしい)を見たとの事。
気を失い気付けば俺に起こされたとの事。当然俺が見たのは女。???

何が起こったのかポルナレフ状態で新人も朦朧とした状態で使い物にならないので
会社に着いてからその日は早退させてもらう事になりました。

翌日彼は無断欠勤でその後一度も出社せず、本人も連絡もつかず、実家に連絡したものの
部屋から出て来ないという事で仕方なく退社に。
俺も賃貸から売買に移ったけどもうあんな経験したくないなー。あいつ大丈夫だろうか。

長々とそれと携帯からだから読みづらかったらごめん。

当サイトの最新情報&過去記事がいつでも知ることが出来る「2ちゃんねるのこわーい話まとめTwitter」のフォローお願いします ↓↓
 


【恐怖体験談】行ってはいけない「かみ屋敷」

【恐怖実体験】入っちゃいけない場所に逃げた時のはなし

【恐怖体験談】ゲームサイト掲示板の友人から届いたDVD

【画像】
このツイートRTできたら良い工場で作られたスマホ。できなかったらこんな画面に・・

【奇妙な話】僕はいったい誰なのでしょうか?

【記憶にこびりつく】今でもトラウマなテレビ・漫画・ゲーム

【心霊体験】山にまつわる怖い話 -西瓜-

【奇妙な話】僕はいったい誰なのでしょうか?

【恐怖体験談】俺のいらん力を持って行ってくれた爺ちゃん

【洒落怖】実家に帰省した時の話。

【恐怖体験談】トンネルで聞いた女の笑い声

【衝撃の恐怖】一度見たら忘れないトラウマになるアニメ・漫画

【恐怖体験談】深夜にインタフォーンを鳴らす女

【恐怖体験談】死んでからも出勤してくる主任

【怖い話】俺の通っていた高校ではしょっちゅう自殺者が出る

【ゾッとする話】強盗だと思ったのは・・・



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. まとぬブログリーダー より:

    一番怖いのは怨霊が出ても仕事をさせる会社

  2.   より:

    八尺様をそのまま登場させるのは手抜き、やり直し。

  3. 矢口 より:

    タイトルが

  4. 名無しちゃん より:

    不動産関係者の怖い話はよく聞くなー。特に沢山物件抱えてる大手では絶対に働きたくないね。

  5. 怖い話の名無しさん より:

    アッコさん何やってんすか

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。