【恐怖体験談】てー…(その1)

255: 1/7 2012/05/03(木) 01:44:34.64 ID:HPNJqzKn0

祠2

高校2年の頃の実体験を書きます。

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?294

255: 1/7 2012/05/03(木) 01:44:34.64 ID:HPNJqzKn0
高校2年の頃の実体験を書きます。

夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは唐突にキャンプに行こうと思いつき、
以前渓流釣り好きのCの親戚から聞いたキャンプに最適そうな山の中の河原の場所を聞き出し、
そこへと向かった。

しかしどうも途中で道を間違えてしまったらしく、
Cの親戚が言うのとは別の河原に到着してしまった。

ただし、そこも十分キャンプできそうな立地で、対岸は森だがこちら側は小石が沢山あり雑草も殆ど無い開けた場所でジメジメ感もなく非常に快適そうだった。

夕方までにはある程度準備が出来、その辺をぶらぶらしていたAとCが

「おい、なんかちょっと先の対岸に変な祠みたいなのがあるぞ」

と言いながら戻ってきた。

俺とBが2人に連れられてその場所に行ってみると、
たしかに対岸に石造りの小さな祠があるのだが、何か変だ。

普通祠って手前に鳥居とかがあると思うのだがそういうものは何も無いし、
通常祠といえば四角形で横か正面から見ると三角の屋根だと思うのだが、
それは円柱形で屋根は丸く、かなり奇妙な形をしていて、
遠目には祠に見えたのだが近くで見るとなんか違うもののようにも見える。

そして更に注視してみると、祠の根元にまだ萎れていない花が供えられていて、
どうも最近誰か来たような痕跡がある。

祠はかなり苔むしていて相当な年代物のようで、
掃除とかされている様子もないのに変だなとは思ったが、
誰もそれ以上興味を示す事も無く、
とりあえず晩飯の準備をしようという事でキャンプ場所に戻る事にした。

続く

256: 2/7 2012/05/03(木) 01:45:19.64 ID:HPNJqzKn0
晩飯を食い終わりそろそろあたりが暗くなり始めた頃、
晩飯の後片付けをしているとどこかから

「てー…」

と声が聞こえてきた。

俺の隣にいたAに

「お前なんか言った?」

というとBは

「いや?なにも言ってないけど」

と言い、少しはなれたところにいたBとCにも同じように聞いてみたのだが、
どちらも何も言っていないという。

変だな?気のせいかな?などと考えていると、
またどこからか

「てー…」

という声が聞こえてきた。

今度はA、B、Cにも聞こえたらしく、

Bが

「今の何?」

と聞いてきた直後、Cが

「おい、あそこに誰かいるぞ」

とちょうど祠のあった辺りのこちら側の岸を指差した。

そこには着物を着た10歳から12歳くらい?の女の子らしき人影がおり、

両手で顔を覆い時々

「てー…」

と喋っている。

するとAが

「なんだあれ気持ちわりりーな、親はどこだよ」

と言いながら女の子に近付き

「こんな所で何しているんだ?そろそろ暗くなるから親のところに帰った方が良いぞ」

というと、女の子は両手で顔を隠したままAに

「見たい?見たい?」

とケラケラ笑いながら聞いてきた。

Aはちょっとムカついたのか

「ふざけてないで親のところに帰れよ!」

とちょっと強い口調で言いながら女の子の手を掴んで顔から離した瞬間、
俺たちはAの陰になって見えなかったのだが、
女の子の顔を見たらしいAが突然叫び声をあげその場に倒れ痙攣し始めた。

そして女の子はまた両手で自分の顔を覆い、

今度は俺たちのところへ歩いてきてまたケラケラと笑いながら

「見たい?見たい?」

と言っている。

俺とBとCはかなり混乱したが、
それよりもAがヤバそうでAのところに向かい

「おいA大丈夫か?声聞こえるか?」

と呼びかけたのだが、Aは呼びかけても反応が無く、まだ僅かに痙攣している。

続く

257: 3/7 2012/05/03(木) 01:46:37.68 ID:HPNJqzKn0
Cが

「おいなんかAやべーよ、それにあの子供なんだよ!わけわかんねーよ!」

というと、女の子に掴みかかろうとしたので、
俺はさっきの事もあってCもAのようになったらやばいと考え、

Cに

「やめろって、それよりAだ、あいつをまずテントに運び込もう」

と説得し3人でまだ意識の戻らないAをテントに運び込んだ。

その間も女の子は俺たちのほうを向き

「見たい?見たい?」

とケラケラ笑いながら質問し続けていた。

テントの中に運び込んだ頃にはAは痙攣こそしなくなっていたが、
まだ意識は戻らず呼びかけにも答えない、仕方なく3人でこれからどうするべきかを考えたのだが、
もう既にかなり暗くなってきているのでAを連れて夜の山道を歩くのは危険と判断し、
携帯で警察に電話をして助けてもらう事にした。

その間、女の子はテントのすぐ横にやってきて、今度はまた最初の頃のように

「てー…」

と声を発している。

女の子の方も気になるし怖いが、それよりも全く意識を取り戻さないAが心配だった。
 
俺たちは、警察に連絡しようと携帯を取り出したのだが、
昼間確認したときには通じていたはずなのに、今見てみると圏外になっている、
BとCも同じで、Aの携帯も確認してみたのだがやはり圏外だ。

かなりやばい状況になってしまった。

Aがこんな状態では下手に出歩けないし、何より外にはなんかやばそうな女の子がいる、
かといってAをこのままにはしておけない。

外からはまだ

「てー…」

という声がすぐ近くから聞こえてくる、どうやら俺たちを諦める気はやつには無いらしい。
続く


当サイトの最新情報&過去記事がいつでもゲット出来る「2ちゃんねるのこわーい話まとめTwitter」のフォローお願いします ↓↓
 


【奇妙な話】卒業式のあと

【閲覧注意】旅館で惨殺された娘

【2ちゃんねるの怖い話】ワケあり物件の謎

【2ちゃんねるのこわーい話】光の誓い

【心霊体験】山にまつわる怖い話 -西瓜-

【閲覧注意】いじめられっ子の復讐 -サンドイッチをカツアゲしたら・・・-

【閲覧注意】人間の赤ちゃんを川に投げたらこうなる・・・

【画像】 きゃりーぱみゅぱみゅが彼と電車で激写される

【洒落怖】実家に帰省した時の話。←オススメ記事

【古のこわーい話】ウメノの振り袖

【2ちゃんねるのこわーい話】山に呼ばれた人の話

【恐い土着信仰】土用坊主

お前らが体験した人に言っても信じてもらえない実話ってある?

スポンサードリンク


★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. 寝不足な名無しさん より:

    ttp://nazolog.com/blog-entry-5319.html
    はい続き

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。