【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 4/4 ←オススメ記事

634: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:46:44 ID:0uC8VoME0
2fc83_259_454542545

マサさんの所で起こった出来事や、マサさんに聞いた話を書きながらだと、この話、
いつまで経っても終わりそうにないので、「傷」と女の話に話を絞って書きます。
それでも長くなるけれど。
他の話は別の機会に書きたいと思います。
もう少しだけお付き合い下さい。

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0


引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?160

【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 1/4 ←オススメ記事
【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 2/4 ←オススメ記事
【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 3/4 ←オススメ記事
【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 4/4 ←オススメ記事

634: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:46:44 ID:0uC8VoME0
  俺の拙い文章に付き合ってくれてありがとうね。
マサさんの所で起こった出来事や、マサさんに聞いた話を書きながらだと、この話、
いつまで経っても終わりそうにないので、「傷」と女の話に話を絞って書きます。
それでも長くなるけれど。
他の話は別の機会に書きたいと思います。
もう少しだけお付き合い下さい。
636: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:48:12 ID:0uC8VoME0
マサさんの話によると、「生霊」を飛ばすと言う事は「精力」や「気」といった「生命力」を酷く消耗するらしい。
毎晩フルマラソンを走るくらいの負担が心身に掛かり、確実に本体の命を削り取って行くのだと言う。
普通の人ならば、一月で体調を崩し、三月もすると回復不能なダメージを負ってしまうのだそうだ。
しかも、これは毎晩生霊を「飛ばす」場合。
本体に生霊が戻る事で、生霊の霊力も本体の生命力もかなり元に戻るらしい。
それでも、削られる生命力は深刻らしいのだが。
だから、「結界」内に生霊を閉じ込められて、本体に戻れなくされた女がどんなに強い霊力の持ち主であっても、
そう長くは持たないはずだったらしい。
しかも、女の生霊はあの井戸に少しづつ「吸い取られて」いて、消耗のスピードは更に速まるはずだった。
はじめ「3ヶ月から半年」という期間を示したのは、Pと俺に「娑婆」から離れる覚悟を持たせるのと、
元いた生活に「心」を残させない為だったらしい。
傷が治った時点で、ほぼ全てが終わる予定だったのだ。
638: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:50:28 ID:0uC8VoME0
しかし、傷が治って来た時点で話が変わってきた。
女の生霊が消えないのだ。
女の生霊と一体となっている「守護神」は女の霊力を強めてはいても直接「生命力」を強める事はないそうだ。
女はとっくの昔に生命力を使い果たし、霊力を「井戸」に吸い尽くされて命を落として「井戸の中身」の一部に
なっているはずだったのだ。
悪霊が消えない限り俺たちを結界の外に出す事は出来ない。
しかし、どうやら先に俺達の方が危なくなってきたらしい。
背中に書かれた護符の力で守られてはいるが、マサさんが「引き込まれるな」と最初に注意したように、
俺たちもまた「井戸」に霊力や生命力を削り取られているのだ。
事実、70kg台だった俺の体重は60kg前後まで落ち込んでいた。
Pの痩せ方はもっと激しく、100kgを超えていた体重が70kgを割りそうな勢いだった。
このままだと生霊が消える前に俺達の方が先に命を落とす。
しかも、この地で死ねば俺達の魂は井戸の中身の悪霊と一体化してしまうというのだ。
マサさんのところに来てからは連日連夜、恐ろしい思いをしていた。
全てがあの井戸絡み。
命を落とすのは、まあ我慢が出来る(うそ、絶対にいや!)。
しかし、あの井戸の中身になるのは死んでも嫌だ!!!
俺達は悪霊との持久戦に入った。
俺達はマサさんの下で「気力・精力」と「霊力」を高める初歩的な修行をさせられる事になった。
これは、完全に予定外だったらしい。
この為、俺達は一生この手の「霊体験」からは逃れられない「体質」になるらしい。
身を守る方法は教えて貰ったけれどね(サービスだそうだ)。
修行の内容などについては機会を改めて書きたいと思う。
640: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:52:40 ID:0uC8VoME0
3ヶ月目に入ったとき、マサさんも流石に焦ってきたらしい。
いくらなんでもこんなに持つはずがないと。
男と女では体の造りが違うように、気の性質も違うそうだ。
セクースした時に男は気力や精力を放出し、女は本能的に男から精力を吸収しているそうだ。
これは他の動物も一緒で、最も極端な例は交尾の後に雌が雄を捕らえて食べてしまう蟷螂だそうだ。
子供を体内で育て、あるいは卵を産む「雌」の普遍的な本能。
セクースした翌日、男はぐったりしているのに女は元気が良くなるのはこの精力のやり取りによる。
(オナニーで一日4・5発抜いても平気なのに、女と1発やっただけで翌日グッタリしてしまう事があるのは
このせいか!と妙に納得した)
それ故に女は男よりも霊力も生命力も強く、生霊や幽霊の類も女の方が圧倒的に多いらしい。
ただ例外もある。
女は絶頂を迎える瞬間だけ気の方向が吸収から放出の方向に変わるそうだ。
この瞬間に女の気を吸収する技法が存在する。
マサさんによると「キンタマ~ωで女の気を吸い取る」らしい。
精気を吸い取られる瞬間に感じる快感は男女共に非常に強いものらしい。
(確かにオナーニよりセクースでイク時の方が気持ちイイよね)
その快楽は時に人を虜にする。
「色情狂」とは、元々の精力が強い人が、精力を放出し吸収される快感に囚われた状態であるらしい。
642: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:54:35 ID:0uC8VoME0
話を戻そう。
マサさんは女の生命力が尽きない理由は、女が「風俗嬢」として毎日、数多くの男と交わっているからだと
考えていた。
しかし、例え毎日10人以上の男と交わっても、これ程までには持つはずはないのだという。
これは、ある種の「行」や「技法」を用いて数多くの男から精力を「奪い取っている」と考えなければ説明が
つかない。
しかも、これ程のレベルで精力を吸い取られた男は一度で体を壊し、それでも快楽に囚われて命を落とすまで
女の下に通い続けるだろうと。
しかし、そうなると、これは恨みや呪いの「念」により「無意識」に飛ばされる生霊ではなく、意識的に相手を呪う
「呪詛」の範疇なのだという。
だが、俺達に憑いているのは「生霊」であって「呪詛」ではない。
俺たちがマサさんのところに来て半年が経とうとした時に、マサさんは俺達に言った。
これから女の所に行くと。
俺に女の所に一緒に付いて来いと。
643: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:56:09 ID:0uC8VoME0
俺はマサさんにそれは危険なのではないかと言った。
悪霊はかなり弱くなっているが、本体に戻れば相手の霊力・生命力から考えて元の木阿弥に
なってしまうのではないかと。
…俺、取り殺されちゃうよ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
マサさんは言った。
Pは、自分と俺の「祓い」の為に2人分、2000万円のカネをマサさんに支払っている。
俺を「事件」に巻き込んだのはPだが、金を出す事でPは俺に対する義理を果たし、この事件に関して
俺に対する「因縁」は消えている。
しかし、俺はマサさんに金を支払った訳ではなく、マサさんに対する借り、「因縁」が残っているという。
場合によっては命を落とす危険もあるが「因縁」を消す為にも協力してもらうとマサさんは言った。
Pはマサさんと俺が女に会いに行って帰るまで、道場(敷地内にあった倉庫のような建物)で、
柱に錠と鎖で繋がれた状態で篭る事になった(井戸に引き摺り込まれない為)。
644: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 00:57:04 ID:0uC8VoME0
俺は半年目にして初めて敷地の外に出ることになった。
門の外にマサさんの車がある。
俺は手渡されたアイマスクをして、目を閉じて結界を越えた。
粘り付くような、厚いビニールの膜を押し破るような強い抵抗を感じた。
マサさんに習った「技法」に従って、丹田から両手に「気」を集めて熱を持たせ、
その手で「膜」を破って俺は結界の外に出た。
結界の外に出た瞬間、俺は意識を失った。
645: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:01:17 ID:0uC8VoME0
気が付いた時、俺は車の中だった。
運転しているのは行きに付き添ってくれたキムさん。
頭がガンガンする。
酷い船酔いをしたときのように目が回って気持ちが悪い。
「調息」を試みたが全く効果がない。
今にも吐きそうだ。
俺はマサさんに渡されたビニール袋に大量に吐いた。
吐いた後、暫くすると鼻血が出てきた。
「もう少しだから我慢しろ」とマサさんが言う。
キムさんがマサさんに「この兄さん、持たないんじゃないか」と言う。
マサさんが「一通りのことは出来るから大丈夫だ。手伝ってくれ」と答えた。
やがて車は狭い空き地に着いた。
車が一台止まっている。
行きに乗ってきたキムさんの車だ。
若い男が車外でタバコを吸っている。
キムさんに指示されていたのだろう、2L入りのミネラルウォーターのペットボトルが
2本入ったビニール袋をマサさんに渡した。
マサさんはボトルの中身を捨てると神社?の階段を昇って行った。
キムさんは、俺を神社の階段の前の石畳の上に寝かせ、頭頂部と胸に手を当てて、
半年間毎朝行ってきた瞑想と呼吸法が合わさったものを行うように言った。
キムさんの手を通じて頭から冷たい気、胸からは熱い気が入ってきた。
やった事がなければ判らないが、両手に冷・熱両方の気を通す事は非常に難しい。
俺やPなどは「熱」は作れても「冷」の方は殆ど出来ない。
キムさんも俺たちと同様の修行をしたことがあり、恐らくは今でも継続していて高いレベルにあるのだろう。
646: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:01:50 ID:0uC8VoME0
暫くするとマサさんが水の詰まったペットボトルを持って階段を下りてきた。
どうにか落ち着いてきた俺は一本目のペットボトルの水を鼻から飲み込み、
限界まで飲み込んだら吐き出すということを3回繰り返した。
2本目のボトルの水は、マサさんとキムさんが、俺の全身に吹き付けた。
それが終わると俺は階段を昇って神社の境内に入り、「激しい」呼吸・瞑想法を行った。
3時間ほど続けると俺は完全に回復した。
若い男が用意してあったGパンとTシャツ、パチ物のMA-1のジャンパーを着て車を乗り換えて俺達は出発した。
647: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:03:01 ID:0uC8VoME0
キムさんの家で丸三日休み、俺とマサさんは女のマンションの部屋に向かった。
女はここ暫く出勤していないそうだ。
女の在宅はキムさんの方で確認済みだった。
マサさんがインターホンを鳴らす。
訪問は伝えてあったのだろう、女は俺たちを部屋に招き入れた。
女はやつれていたが、かなりの美人だった。
ちょっと地味だが清楚で上品な雰囲気。
とても風俗で働くタイプには見えない。
やつれて憔悴してはいたが、目には強い力が在った。
非常に綺麗で澄んだ目をしていて、見ているだけで引き込まれそうな魅力がある。
凄まじい霊力を持っていると言われれば納得せざるを得ないものがあった。
しかし、この女からは人を恨むとか呪うといった「邪悪」なものは微塵も感じられなかった。
648: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:06:52 ID:0uC8VoME0
ドアを開けたとき女はギョッとしたような顔をしていた。
マサさんと話しをしている時も俺のことをしきりと気にしている様子だった。
思い切って俺は女に理由を尋ねてみた。
女は震える声で語った。
女の話では、ホテルが建って暫く経った頃から、昔住んでいた家の夢を良く見るようになったそうだ。
家の中には幼い自分一人しかいなくて、家族を探して広い家の中を歩き回るのだと言う。
そして、いつの間にか目が覚めて、涙を流しているのだと言う。
ある晩、酷い悪夢を見たそうだ。
風呂場と自分の部屋で繰り返し、何度もレイプされたのだという。
夢と現実の区別が付かないほどリアルな夢だったそうだ。
気が付いた時、自分の手に刀が握られていたそうだ。
彼女は恐怖と怒りや憎しみで我を忘れて、彼女を犯した男を切り殺したと言う。
その男が俺だったと言うのだ。
それ以来、彼女は毎晩悪夢に襲われるようになった。
客に付いた男達が彼女を酷いやり方で襲ってくるのだという。
彼女が恐怖と絶望の絶頂に達した時に手に刀が握られていて、彼女は恐怖と怒りに駆られて、
我を忘れて刀を振るったのだと言う。
しかし、その悪夢は一月ほどすると見なくなったと言う。
その代わりに急に体調が悪くなり、仕事中にボーッとして、接客中の記憶をなくしてしまうことが多くなった。
生理も止まってしまったらしい。
また、彼女は暫くすると新しい悪夢を見るようになったそうだ。
目の前に小さな男の子が2人いて、自分はいつもの刀を持っている。
そして、鬼の形相の亡くなった父親が彼女を棒や鞭で叩きながら目の前の子供を斬り殺せと責める。
父親の責めに負けて刀を振るおうとすると母親の声がしてきて止められるのだという。
649: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:09:57 ID:0uC8VoME0
マサさんは女に「あなたのお父様は自殺なさったのではないですか?お母様もそのときに一緒に亡くなられたのではないですか?」と尋ねた。
マサさんが言うとおり、彼女の両親は彼女の父親の無理心中により亡くなっていた。
彼女の父親は朝鮮人に対して激しい差別意識を持って嫌っていたらしい。
しかし、彼女の父親に金を貸したのは在日朝鮮人の老人だったそうだ。
彼女の祖父に戦前世話になった人物で、破格の条件で金を貸してくれていたそうだ。
バブルの絶頂期、手持ちの株などを処分すれば、それまでの借金は十分に返せたと言う。
彼女の母親も強く返済を勧めていたそうだ。
しかし、彼女の父親は「朝鮮人に金を返す必要などない。家族のいない爺さんがくたばればチャラだ」と
借金を踏み倒す気でいたらしい。
彼女の父親の話は聞いていて胸糞の悪くなる話ばかりだった。
彼女も母親は慕っていたが父親の事を嫌っていたようだ。
バブルが弾け彼女の家の資産は大きなマイナスとなった。
マイナスを取り返そうとした父親は悪あがきをして更に傷口を広げた。
金策が尽きた父親は老人に更なる借金を申し込んだが、断られた。
その過程で彼女も借金の連帯保証人となった。
彼女の父親は娘を連帯保証人にしても当たり前で、借金を断った老人と朝鮮人を呪う言葉を吐き続けたそうだ。
間もなく老人は亡くなり、相続した養子も不況の煽りで破産した。
老人の持っていた債権は悪質な回収屋の手に渡った。
土地や屋敷を失い、それでも残った多額の借金に追われ自殺した彼女の父親の遺書には恨み言しか
書かれていなかったそうだ。

彼女は母親の死を知っとき、勤務していた会社の給料では借金の利息も払いきれず、
風俗で働く事が決まったとき自殺を考えたらしい。
しかし、その度に母の霊に止められたそうだ。

650: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:12:55 ID:0uC8VoME0
マサさんと俺は彼女の話を聞き、それまでの経緯を全て話した。
マサさんの目は怒っていたが、ふうーと息を大きく吐くと口を開いた。
「これは一種の呪詛ですね。家の代々の守護神を祭神にして、自分の妻を生贄に娘を呪物に仕立てた
悪質な呪詛だ。しかも、特定の人物ではなく朝鮮人なら誰でも良いといった無差別のね。
更に、呪詛はあなた自身にも向けられている。お父上は相当な力をお持ちだったようだが、その魂は地獄に
繋がっているようですね」
呪詛は呪詛を掛けている事、掛けている人物が割れると効力を失うそうだ。
容易に呪詛を返されてしまうからだ。
しかし、本件では呪詛を仕掛けた本人は既に死んでおり、しかもその力は強い。
先ほどから襖の向こう側から猛烈に嫌な気配が漂って来ている。
マサさんは女に「奥の部屋に仏壇か遺骨がありますね?」と尋ねた。
女は仏壇がありますと答えて、襖を開けた。
俺は思わず「うわっ」と言った。
マサさんの「井戸」の周りで「観た」ものと同質の、目には見えないものが仏壇から溢れ出てきていた。
これはやばい!
マサさんは女に位牌と父親の写真を額から出して持って来いと言った。
そして、母親の写真を持って俺と一緒にキムさんの家へ行けという。
状況がかなりやばいことだけは判った。
恐らく、マサさんの言葉で呪詛が破られ、悪霊の本体が動き出したのだ。
俺は女の手を引いて表で待っていたキムさんの車に乗った。
キムさんはすぐに車を発進させた。
キムさんは凄いスピードで車を走らせる。片側2車線の大通りの交差点を赤信号を無視して突っ切る。
背後の交差点からブレーキ音が聞こえる。
信号を3つほど進んでキムさんが車を止めた。
結界の外に出たらしい。
女の部屋を訪れる前に、俺がキムさんの家で寝込んでいる間に、土の露出した土地を探して、
出来るだけ形を整えて結界を張ったのだと言う。
市街地ゆえに結界が予想以上に大きくなってしまったらしい。

652: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:16:57 ID:0uC8VoME0
キムさんの家に着くと、俺の腹の中や皮膚の下で蠢く虫のような感覚は消えていた。
体が異常に軽い。
こんなに体調が良いのは何年ぶりだろう?
女の顔も血色が良くなっている。
マサさんは翌朝キムさんの家に現れた。
マサさんは女に「お母様の供養をしてあげてください。それと、神棚を作って実家で祀っていた神様を
大事に扱って下さい。あなたのことを守ってくれるはずですよ」と言った。
女を家に送って部屋を確認すると、これが同じ部屋かと思うくらいに雰囲気が明るく変わっていた。
位牌と女の父親の写真も無くなっていた。
父親の霊がどうなったかは聞かなかったが大方の予想はついた。
マサさんは道具を整えてもう一度「念のための」儀式を行ったが、悪霊の類は食い尽くされて
残っていなかったそうだ。

俺とマサさんは前と同じように車を乗り換えながらPの待つあの場所へ戻った。

653: 傷(4) ◆cmuuOjbHnQ 2007/03/13(火) 01:24:08 ID:0uC8VoME0
Pの話だと、マサさんが女の部屋を祓った晩、井戸から耳には聞こえないが頭の中に響き渡るような
地獄の底から響いてくるような低い「鳴き声」が聞こえたそうである。
そして、朝になると体からすうーっと何かが抜け出ていったのを感じたのだという。
それは、井戸に吸い込まれては行かなかったらしい。
土地と俺達の縁を切る儀式を行い、俺達は歩いて結界を越えた。
まるで何もない土地であるかのように、今度は何の抵抗も感じなかった。

俺たちは、往きに立ち寄った電気量販店の駐車場でキムさんの車を待っていた。
車の中で、
俺「あの仏壇の中身は、今は井戸の中なのですか?」
マサ「ああ」
P「井戸から聞こえた声は?」
マサ「鬼の哭き声だ」「あの井戸の中身もいつかは浄化されて消えて無くなる日が来る。
奴らもその日を待ち望んでいる。その日はまた遠くなったけれどな。
お前達に憑いていた悪霊の声なのか、井戸の中にいたものの声なのかは俺にも判らないよ」
「で、久しぶりの娑婆だ。お前達、何がしたい?」
P「酒」
俺「女」
マサさんは鼻で哂った。
キムさんの車がやってきた。
俺達はマサさんの車を降り、去ってゆくマサさんを見送った。

終わり

【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 1/4 ←オススメ記事
【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 2/4 ←オススメ記事
【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 3/4 ←オススメ記事
【洒落怖殿堂入り】韓国人の祟られ屋のところにいたことがあるんだが・・・ 4/4 ←オススメ記事

お前らが体験した人に言っても信じてもらえない実話ってある?
【閲覧注意】2ちゃんねるの怖い話教えて
【洒落怖】竹林で・・・
【有名な怖い話】八尺様
【有名な怖い話】鹿島さん
【心霊体験】山にまつわる怖い話 -西瓜-
【閲覧注意】いじめられっ子の復讐 -サンドイッチをカツアゲしたら・・・-
【洒落怖まとめ】中学で好きだった子がレイプの末、自殺してしまったんだが
【オススメ記事】カーテンの向こう側には・・・【2chの怖い話】
【洒落怖】実家に帰省した時の話。←オススメ記事



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄
  1. より:

    いやなかなか読みごたえあった。朝鮮のオカルト的伝統ってあんまり聞いたこと無いし、2chの殿堂入り名作怪談に並ぶと思う。

  2. 寝不足な名無しさん より:

    まあまあ良く出来た話だけど、あらすじが他でも良く使われている話なので全くダメ。あと霊の話をするのであれば基本的なことをちゃんと勉強してから書いてくれ。一気におこちゃまの作文になって興ざめ。あと歴史のこととかwwww

  3. 寝不足な名無しさん より:

    よかった!

  4. 名無し より:

    なんで今さら?って思た。
    去年の年末で一応完結してるよね。生きてんのかなぁ?

  5. ななし より:

    約6年も掛かってたんだね。
    オモロかったよ。

  6. 寝不足な名無しさん より:

    朝鮮の宗教観についてのくだりは面白かった。
    狭い半島の属国民同士で呪いあいして鬼道が発達したのね

  7. 寝不足な名無しさん より:

    作り話と実話をごちゃ混ぜにしている感じがする。
    じゃなきゃこんなに怖くないよ。汗

  8. 寝不足な名無しさん より:

    よく出来てるけど、差別意識だの何だのと織り込んでる段階で覚めるわ。朝鮮人が呪われた民族で、他のアジア人と違って一目見ただけでウッと吐きそうな気色悪いオーラを持ってるのは分かるけど。
    女の父親の恨みで、こうなったというのも無理があるなあ。日本の場合は妻を生贄にして結果を得るという霊界のメカニズムもないし、娘を通して作用するというのも、日本には無く中韓の発想だろう。
    それに娘が風俗で働いているから、気が持続するってのも変。そういう色んな男の雑多な気はむしろ心身を絶えず混乱させるだけで、そんなに強く昇華させられるとは思えないなあ。
    まあ、実話というより朝鮮人が腐った燃料から何かを得ようとばかりしている民族なのは理解できたわ。試し腹とかもその辺の発想と自己正当化のなかで生まれた風習だろうね。

  9. 名無し より:

    面白かったわ。
    あと朝鮮半島も大々的にお払いした方がいい。
    旅行いきたくねーーもん。
    あと昔から言われてるけど、関わるなよ。
    法則が発動するぞw
    近々非公式に中国がお払いするんじゃねーかな。そんな気がする。

  10. 名無し より:

    凄く陳腐な文章。
    作り話乙

  11. 寝不足な名無しさん より:

    ・・・ったっく朝鮮人ってのはマジ日本人騙して洗脳工作するよな。
    新興宗教の層化がっか威や盗いつきょう下位や日教組とか民主盗
    や社民盗や共産盗や日本の団体組織はほとんど朝鮮人がやっていて
    特権作っては日本人から根こそぎ搾取してきたしな・・・
    ホントうさんm臭い奴ら・・日本人は絶対に関わッったらダメ!
    関わるとマジ金絞りとられて命取られる危険が大だと肝に命じろ。
    在日犯罪は女子高生コンクリ殺人とか神戸のサカキバラ事件とか世田谷一家惨殺事件、大津いじめ殺人とか秋葉の無差別大量殺人とか隣人女性惨殺後ミンチにしてトイレ流出隠ぺいとか尼崎のスミダばばあ一味の日本人一家数十
    家族を大量拷問虐待殺害して破壊殲滅、消滅させたり半端なく卑劣で残忍な凶悪犯罪の90%が日本人じゃなくこの民族のしわざだ。
    日本ではTVマスメディア自体が在日に乗っ取られてほとんど本名の朝鮮名は公表されず偽名の日本名でしか発表されないよな。
    はよ通名禁止にして在日は韓国へ強制帰国させて国交断絶しろや。

  12. 寝不足な名無しさん より:

    この人神道のことちゃんと知っているのかな?
     

  13. 寝不足な名無しさん より:

    ※12
    知らないから似てるとか書けるんだろ

  14. 寝不足な名無しさん より:

    創作にしても、たたられ屋の設定は面白いと思ったけど、その発想が韓国式姑息さで笑うわ。
    犯罪韓国人個人への怒りは、個人が受け取っておいたほうがよかったものじゃないのかな? 個人が呪われ易いのなら、被害が個人で収束したのにと思わなくもない。
    今の韓国を眺めると、あらん限りの憎悪を吐き出ながら、全部が終わっていくように見える。

  15. 寝不足な名無しさん より:

    これが書かれた2007年の時点には既に朝鮮人が日本の宗教施設で
    破壊や盗難をするのって一般的だったのかな

  16. あたし新聞 より:

    >11. 寝不足な名無しさん2013年07月17日 14:01
    ・・・ったっく朝鮮人ってのはマジ日本人騙して洗脳工作するよな。
    おまえのガセネタよりはマシなんじゃね?
    女子高生コンクリ殺人とか神戸のサカキバラ事件とか、
    大津いじめ殺人とか秋葉の無差別大量殺人とか、
    隣人女性惨殺後ミンチにしてトイレ流出隠ぺいとか全部日本人だろ(笑)
    ついでに、
    世田谷一家惨殺事件は犯人捕まってねぇ~し、
    尼崎のスミダばばあ一味の件は主犯は日本人で、
    韓国籍の奴は使いぱっしりだろ~が!
    さらっとガセネタ流してんじゃねぇ~ょ、バァ~カァ(嘲笑)

  17. 寝不足な名無しさん より:

    十分わかりましたので、ガセネタや凶悪事件だらけの日本にはこれ以上住まず、
    きれいな心の人しかいない祖国に一刻も早く帰って下さい。

  18. 寝不足な名無しさん より:

    風水を巧みに利用して杭を打ったり、とか書いてるけど巧みどころか中国や日本の風水よりはるかに劣る劣化コピーじゃん。
    ほら、小学生とかがこっくりさんをやると、動物霊や低級霊、浮遊霊がそれっぽい方向に誘導して、お告げモドキを教えたりするだろ。
    韓国の呪術は、そのレベルのゴミ霊に土下座して使い魔になってもらう程度の土人風俗で、とてもじゃないが日本や中東、欧州の呪術に匹敵するものではない。チンパンジーが木の実を眺めながら、落ちてこないかな~と願う程度のことしかできない劣等民族だということ。

  19. 寝不足な名無しさん より:

    ※16 お前、ググル事も出来ないのか?自分で調べてみろよ。まぁお前からすれば、全部日本人のせいにしたいんだろうけど。

  20. 寝不足な名無しさん より:

    >>16
    これはチョンの火病?きもっ

  21. 寝不足な名無しさん より:

    下手な作り話を長々と

  22. 寝不足な名無しさん より:

    これは素晴らしいネトウヨホイホイ

  23. 寝不足な名無しさん より:

    朝鮮人を見ると気持ち悪い印象を受けるのには訳がある。
    朝鮮は中国の属国だったから毎年処女を献上して女が不足した。
    だから朝鮮人は代々母親と結婚したり、実の姉妹や娘を犯す歴史が続いた。
    加えて中国の歴代王朝は朝鮮半島に中国の障害者や犯罪者を捨て続けた。
    そういう人類の負の遺伝子を凝縮した奇形民族が朝鮮人だ。

  24. 寝不足な名無しさん より:

    創作ものだろうなぁ・・・

  25. 寝不足な名無しさん より:

    つまんねーし読みずれーし韓国とかキモイ
    一重まぶたで視界せまそうw

  26. 寝不足な名無しさん より:

    Pってパク以外に浮かばん

  27. 名無し より:

    結果、朝鮮人はキモいって事だね。

  28. 寝不足な名無しさん より:

    宜保さんも朝鮮半島はヤバすぎるって言ってたな
    地獄の入り口だってさ

  29. 寝不足な名無しさん より:

    つまんねー 感想書く奴がいるなーww
    壊れたおもちゃみたいにそれしか言えないのなww

  30. 寝不足な名無しさん より:

    まぁ一つ言えるのは朝鮮関わりたくねーや

  31. 寝不足な名無しさん より:

    事実か創作かなんてどうでもいいけど、とにかく日本人とは全く異質の宗教観
    を持っている民族がいて、その一旦が垣間見れて面白かった。
    彼らって知れば知るほどその思考法が異常過ぎて、何がそうさせているのかとても興味深いんだよね。遺伝子、環境、宗教。
    神を持たない、っていうのは彼らの精神構造に少なくない影響を与えているよね。
    とても稚拙に見える原始的な呪詛の風習や恨みの文化、畏れを知らないという精神性が彼らの辿った歴史から必然だったと納得出来る。
    カルトが流行るのも倫理観が欠如してるのも全部説明がつく。
    祟られ屋、が本当にあるとしたら、本当に彼ら民族にしか存在しえない。
    すごい文化だと思うよ。「神のいない国」誰か本書いて。面白すぎる。

  32. 寝不足な名無しさん より:

    >>28宜保さんの話くあしく?

  33. 寝不足な名無しさん より:

    朝鮮って丸ごとひとつの蠱毒なんだね…
    なんか納得できる、気質とかそのまんまだもんね。

  34. 寝不足な名無しさん より:

    おもしれーな。
    作り話としても描写の細かいリアリティがすごい。
    いや、実話かなって思うけどね。

  35. 寝不足な名無しさん より:

    悪くは無いし最後まで読んだけど
    期待した程は面白く無かったな…
    朝鮮民族を莫迦にし過ぎニダし
    井戸をゲートに変えるとアメリカのホラーに有りがちなシステムだし…
    なにより女の親父のくだりがあまりにも薄っぺら過ぎ

  36. より:

    内容は面白いっちゃ面白いけど、文章下手だと思うさそこが残念

  37. 名無し より:

    ネトウヨ釣るための創作にしか見えん。
    韓国の呪術とかネットで拾えるレベルだし所々フェミ臭い話。文章がどことなく女っぽい。
    最初に嫌韓の方は~とか書いておいて悪質な釣り。

  38. ななし より:

    俺は寺の家系だけど、儀式部分の信憑性はさておき、恨とか霊的な質や呪詛の類の話は共感できるものがあるし、他民族が自国外で神の加護を受けれないことや神を持たない民族の性質について遠くないと思う。
    しかし、昨今のネトウヨを見ると、日本人の精神性というよりも、朝鮮民族のそれに近いと思う。朝鮮民族は併合以前にも多く日本に渡来してきてたし、彼らは何代か遡ると自身が一番嫌っている民族の血が流れているのではないだろうか?

  39. 寝不足な名無しさん より:

    途中までは良かったと思う
    たしかに共感出来る部分やうなずけるところも多かったし、よく出来てたと思う
    ただ終わりの方で一気に創作ぽくなったように感じた
    >マサさん曰く、「神」の助力を得るには長い時間をかけた「信仰」ってヤツが必要なのだそうだ。
    >いや、長い時間を重ねた信仰が「神」を作ると言ってもいい。
    このところなんかはまさにその通りで、すごくよく分かる気がする
    だから最近の聖徳太子いなかった説なんかは、やっぱり間違ってると確信した
    近頃は信仰持たないのが当たり前のような風潮になってるけど、
    これだけ神社やお寺がある国に生まれてもったいないと思う
    あと儒教は厳密な意味で宗教ではないって話も同意
    実際に朝鮮半島は儒教を取り入れて仏教を徹底的に弾圧してきたから
    >民族全体が共通して信仰する霊格或いは神格の高い「神」を持たないが故に、
    >生きた人間が神を僭称し、時に多くの民衆の信仰を集めてしまうのが朝鮮の病弊なのだ。
    >朝鮮人はある意味、異常な民族なのだという。
    こんな状態になってしまったんだと思う
    カルトには騙されないように十分気をつけるとして、
    みんなも神道や仏教、あれこれご利益でお参りするんじゃなく、
    じっくり何かを信仰した方がいいんじゃないかな

  40. 寝不足な名無しさん より:

    あと思ったのはお祓いするのに2人で2000万だとか、半年以上も世間と隔離とか、
    高すぎるし時間かかりすぎるし、韓国式の呪詛でも効果はあるにしても、
    とにかく効率が悪い気がする
    日本の仏教は大乗仏教だから、まさに字のごとく大きな乗り物で
    たくさんの人々を救うことが出来るんだよね
    改めて日本の神道や仏教は素晴らしいと思った

  41. 寝不足な名無しさん より:

    ※16の日本語は微妙に変、つーか良く研究したな(日本語を)とも感じる。
    そうまでして日本人を貶めたいのかよ。

  42. 寝不足な名無しさん より:

    なんだかんだでこのコメント数w大盛況ですなw

  43. 怖い話の名無しさん より:

    シリーズ全部読んだ印象として、朝鮮をテーマにしているものの、この作者はインド哲学やヨーガ、原始仏教の密教的な部分などをかなり勉強しているようだ
    インドやチベットあたりの宗教・哲学に興味が無い人間にはなかなか分かりにくいかもしれないが

  44. 怖い話の名無しさん より:

    ※38
    確かにネトウヨと向こうの人は似ている気がする。
    対称的というか、鏡のようだ。

  45. 怖い話の名無しさん より:

    昔リベラル、今ネトウヨの自分から言わせてもらえば、日本人はもう仏の顔を三度までを使い切っただけだと思う。もう一切関わりたくない。それだけ。

  46. 怖い話の名無しさん より:

    頑張れ。韓国。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。