【心霊・霊界体験談】小学校の頃夢遊病があった俺。起きたら井戸の横で寝てたのは、過去の家族のことを俺に知らせるためだった(一)

1: 562: 561

井戸
2008/01/05(土) 03:56:47ID:S5ewZ5PF0

俺は小学生の頃、ちょっとした夢遊病があった。また夢遊病か?とふと目を明けると隣には井戸があった…

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

562: 561 2008/01/05(土) 03:56:47 ID:S5ewZ5PF0
1/5
東京のとある土地に母方の婆ちゃんの実家がある。
婆ちゃんの実家には、俺の母の弟にあたる人、つまり叔父が
息子、娘と一緒に住んでる。

うちはその一部の土地を借りて家を建てた。
婆ちゃん家の隣にたたずんでいる。

婆ちゃんの家は建て直した状態だが
以前は、木造のなかなか雰囲気をもった家だった記憶がある。
家の周りには木がうっそうと茂っていて、井戸が2つあった。
片方は、深さ1メートルぐらいの石でできた容器のようなもの。
井戸とは言わないか。

もう片方が年代物で深さも相当なもんだ。
俺の家の正面にあり、今では蓋がしてあるのだが、
昔は地下水を汲んでいたようで、蓋の上には手動の
ポンプみたいなものが今でも残ってる。

俺が生まれた頃にはもう使用されていなかったが、
蓋の一部がかけていて、中に石を落としては水の音を楽しんだものだ。
形は「井戸」らしく円形で、今思い出すと結構怖かったりする。

563: 561 2008/01/05(土) 03:58:59 ID:S5ewZ5PF0
2/5
俺は小学生の頃、ちょっとした夢遊病があった。
いつのまにかソファーで寝てたりして親に怒られた事もあった。

そんな小学生5年生の時の真夏の夜
俺はいつものように布団にもぐった。
ふと半起きのような状態になり、布団が無い事に気づいた。
また夢遊病か?しかしその日はいつもと感じが違った。

夏なのになんだかヒンヤリする。
ふと目を明けると星空が見える。まだぼけている。
手探りで周りを探ってると、硬いものにあたった

隣には井戸があった。

俺は家の外にある井戸の横で寝てたのだ。
俺は途端に目が覚め、急いで家に入ろうとした。
ドアがあかない。鍵がかかっている。
「僕はどうやって外へでたんだ(泣)」
勝手口と縁側のドアからも入ろうとしたがどこも開いてない。

後ろで水の音が聞こえた。

泣くしかなかった。とにかく怖くて早く中に入りたかったが
ドアが開かない。呼び鈴を押し続けた。

バシャバシャ

どれぐらい時間がたったんだろう
ついにドアが開いて中に入る事ができた。
母ちゃんがいれてくれた。俺はすぐに布団にもぐりこんだ。

564: 561 2008/01/05(土) 04:00:29 ID:S5ewZ5PF0
3/5
朝起きるといつもの朝だった。
弟がいて親父がいて、母ちゃんがいて。
母ちゃんに礼をいおうと思って話しかけたが覚えてないという。

「あれは夢だったのかな・・・」

嫌な事は早く忘れよう。
俺は二度寝しようと思ってベッドへ戻った。
俺は血の気がひいていくのを感じた。
ベッドの上には芝生が落ちていた。

「僕はやっぱり外へでたのかな?」

実家に帰って、家の前にたたずむ井戸を見るたびに思い出してた
小学生の頃の不思議な体験を・・・

オススメサイト記事

Facebookのomiaiアプリで出会えたったwww

パズドラの魔法石を無料でゲットする方法www



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事


2ちゃんねるこわーい話まとめの過去記事がランダムで表示されます。 F5キーを押せば別の記事が表示されます。


当サイト人気メニュー
コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。