【不気味な話】山の中で起こった出来事が???だった件

260: 本当にあった怖い名無し 2015/06/12(金) 09:45:11.57 ID:

友人の話。

機械部品の運搬中、山中に車を停めて弁当を開いていた時のこと。
視界の隅に黒い物が踊った。

 

 

10: 本当にあった怖い名無し 11:53:10 ID:2OFw7Ibf0

 

 

261: 本当にあった怖い名無し 2015/06/12(金) 11:28:45.22 ID:

烏だ。
二羽の烏がゴミ袋のような物を突付いている。

袋の口は縛られていたが、烏は器用に嘴を使ってそれを解いていく。
感心しながら眺めているうち、ついに袋は口を開いた。

 

262: 本当にあった怖い名無し 2015/06/12(金) 15:29:41.92 ID:

烏は一緒に中を覗き込み「チェッ!」「ハズレ!」と口々に文句を垂れた。
思わず耳を疑った彼を尻目に、烏たちは羽ばたいて空に消えていく。

後に残された袋が、風に吹かれて彼の方に口を向けた。
袋の内から何かが彼を睨んでいた。

 

 

263: 本当にあった怖い名無し 2015/06/12(金) 16:30:49.34 ID:

薄い頭髪。
無精髭。

脂ぎった中年男の顔だ。
歯を食いしばって目を剥いている。

 

 

264: 本当にあった怖い名無し 2015/06/12(金) 17:04:04.70 ID:

彼は転がるようにして車から降り、風に転がる袋を取り押さえた。
拾い上げた袋の中に入っていたのは、只の紙屑と菓子パンの空き袋だけ。

もし袋が当たりだったならば、一体中には何が入っていたんだろう?
しばらくの間、そればかり考えていたそうだ。

 



★おすすめ人気記事★



▼ランダム過去記事



当サイト人気メニュー
コメント欄

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。